« 最後は金目、じゃなくて力? | トップページ | 何に全力なんだよ »

2014/06/30

カツラを剪定した

梅雨の晴れ間は忙しい。
昨日は朝、ラティスフェンスを修理し、午後はカツラを選定した。
2階の屋根に達するかと思われるほど伸び、横に張り出した枝は風の日に揺れると自宅や隣家に危害を及ぼしそうだからだ。

20140630a

カツラの木に登って剪定したのだが、闇雲に枝を切ると、その枝が隣家の窓やフェンスや駐車場の屋根に危害を及ぼすおそれがある。
なにせ、切ろうとしている枝はどれも直径が3cmから5cmくらいあるのだ。

そこで、切ろうとしている枝と切らない枝とをひもでつなぎ、そのまま倒れ落ちないようにした。

20140630b

ところが、葉の茂った枝はトップヘビーだもんで、ひもを支点にぐるっと回った枝の断面に殴られそうになった。
実際、鼻先をかすったのだが、かすったのがアゴやデコでなかったのでよしとしよう。

そこで2箇所をひもでしばってみた。

20140630c

こうすることで枝の稼働範囲は狭まり、枝の断面の軌道も1平面に固定されるので、容易に避けることができた。
そのまま、さかさまになった枝を、つるしたアンコウをさばくように(と言っても、アンコウをさばいた経験はないが)小枝を落として軽くしてから、ひもを外した。

カツラの下にいたこんがびびったくらいで、自宅にも隣家にもいっさい被害はなかった。
こんは前日、朝から胆汁を吐いて元気がなかった。
しかし翌日は落としたカツラの小枝を嗅ぎまくったりしていたので、復調したのだろう。

じつは、枝を落とした後、小枝と葉を分けて庭の隅に積むのが大変だった。
それが解かっていたので、葉のない冬の間に剪定する予定だったのだが、冬の間は休日のたびに天気が悪かったり風が強かったりして、機会を失してしまったのだ。

梅雨明け前に剪定を急いだ理由の一つは、葉がわさわさ茂っているときに毛虫が付くと、駆除するのも大変だからである。
ところが案の定、すでにイラガの幼虫の集団がいた。
慎重に取り除けて埋葬したが、そのあたりの枝に脱皮したあとのトゲ付きの皮でもあったのだろうか。
前腕の内側がヒリヒリし、赤く腫れた。

植物の生育が旺盛な季節は、虫の活動も活発な季節なのである。

|

« 最後は金目、じゃなくて力? | トップページ | 何に全力なんだよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カツラを剪定した:

« 最後は金目、じゃなくて力? | トップページ | 何に全力なんだよ »