« ポリープをつままれた | トップページ | 5月最後の日 »

2014/05/28

成果主義の弱点

成果主義の弱点
残業時間にかかわらず一定の賃金。
それは良いことなのだろうか。
まあ、これはサラリーマンだけの話で、自営の人にとっては当り前のことだが。

働き方を労働者自身が決める裁量労働制では、成果を上げれば長時間働かなくて良い。

問題は、その「成果」をどのように設定し、どのように評価するか、である。

今どき一人で完結する仕事なんてないから、グループの評価になる。
アイツは口ばっかりで殆ど働いてないのに、オレと同じ評価かよ、なんてことにならないか。

そして、あんな上司に評価されるのか、オレの仕事の中身わかってるのかアイツ、なんてことだってあるだろう(あくまで一般論である)。

というわけで、多くの企業で成果主義、裁量労働制が崩壊してきた過去がある。
何を今さら?なんて思うのはワシだけだろうか。

|

« ポリープをつままれた | トップページ | 5月最後の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成果主義の弱点:

« ポリープをつままれた | トップページ | 5月最後の日 »