« 科学的「組織」に望むこと | トップページ | サクラの花びら舞い散る道で »

2014/04/04

PukiWiki更新不能?

一昨日の夜、タブレットからPukiWiki版『科学的逍遙』を更新しようとしたら、編集用ID/パスワード入力ではねられた。
「ありゃー、パスワードが違ったかなぁ」と思い当たるパスワードを入れてみたが、編集モードにならない。
PCを起動してパスワードの控えを確認しようかとも思ったが、面倒くさくなってその日は更新を諦めた。

昨晩、PCを起動してログインを試みるが、やっぱりはねられる。
設定ファイルを調べてみたが、異常がない。

3月中は問題なく使えたのに、4月に入ったとたんにコレは変だなぁ、と考えて思い出した。
niftyから、老朽化したlacoocanサーバを新しく入れ替えるので、認証がうまく行かなくなる、という連絡が来てたっけ。

ということで、lacoocanの管理ページを見に行くと、PukiWikiの認証機能はサーバ移行後に正常に動作しなくなる、と書いてあった。
対処方法は、.htaccessファイルの設定変更とあるが、これは変だ。
PukiWikiの認証と.htaccesによるWebページの認証とは関係がないはずだ。
実際、PukiWikiディレクトリの.htaccessの中身は全文コメントアウトされている。

いまのところ、PukiWikiで作成したページの閲覧はできるし、認証をはずせば更新もできるので、支障がないといえば、ない。
しかし、個人用の、自分しか使えないサイトとして運用していくのは難しくなった。

niftyでは、PukiWikiや.htaccessについてのサポートはしないと公表しているので、自分で何とかするしかないな。
オープンソースを利用する以上、自力で何とかしなくてはならないことは承知の上だ。

PukiWikiもリリースされてから13年経ち、最新バージョンからも8年経っている。
ワシがPukiWikiを導入したのは最新バージョンが出る直前だから、やっぱり8年近くなる。
最近はPukiWikiの開発者コミュニティも低調なようすなので、今後PukiWiki自体が改訂されないかも知れない。

いやぁ、ついにこの日が来たか。
1年ほど前から、PukiWikiから別のツールに変えようかな、と考えていたのだ。
そもそもコラボレーションツールのWikiを個人サイトのCMS代わりに使うなよ、という見方もあるだろう。
ただ、まとめ的な使い方なので、Wikiの形式は気に入っている。
MediaWikiの利用も考えたが、ツールの利用が面倒くさくなってきた。

これは一つ、原点に返ってテキストエディタでHTMLを書いて、FTPでアップロードするやり方に戻す機会かもなぁ。

|

« 科学的「組織」に望むこと | トップページ | サクラの花びら舞い散る道で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PukiWiki更新不能?:

« 科学的「組織」に望むこと | トップページ | サクラの花びら舞い散る道で »