« 雨が点線に見えるとき | トップページ | PukiWiki更新不能? »

2014/04/02

科学的「組織」に望むこと

STAP細胞の論文に不正があったと理研から発表があった。
その件について思ったこと。

(1)小保方さんにSTAP細胞作成の検証実験をやらせればいいのに(本人にその気があれば、だけどね)。

ひょっとして、凄い実験技術を持っているのかも知れないからね。
実際、試験管の振り方やプレパラートの作り方一つで実験結果が大きく変わったという経験がある(ワシはバイオの経験はないので、一般的な実験だけど)。

この際、理研の若手研究者を総動員して、実験ノートの作り方とか、写真の整理方法とか、そういった指導も含めて全組織的なプロジェクトにしてはどうか。

(2)若手研究者の育成はいいけれど……。

早期に成果が出なければ梯子を外すようなシステムはやめたほうがいい。

ま、これは理研に限らないけどね。

|

« 雨が点線に見えるとき | トップページ | PukiWiki更新不能? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学的「組織」に望むこと:

« 雨が点線に見えるとき | トップページ | PukiWiki更新不能? »