« 我家の雪害 | トップページ | 原田純夫動物写真展を見た »

2014/02/16

沼津市街の雪は消えたが

沼津市街の雪は消えたが
不慣れな大雪に悩まされている各地の皆さんには申し訳ないが、ワシの住む沼津の市街地の雪はあらかた消えてしまった。
写真は家電量販店の屋上から撮ったもの。
富士山は飛雪に覆われて輪郭がぼやけている。

居間の蛍光灯の電源が故障したらしく、点灯しなくなってしまったので、LEDシーリングライトを買いに量販店に行った。
しかし、よく行く国道1号線沿いの店はパス。
東名高速道路が通行止めのため、上り線は大型車で身動きができない状態になっているからだ。

昨日も今日も道はギッシリ、物流はストップ。
新聞は来ないし、店頭の食品も売り切れのものがあるそうだ。

この国の太平洋側の物流が、こんなに雪に弱いとは。
普段備えていない状況に対し、文明は弱い。

そこでふと思ったのだが、雪でこんな具合になってしまうなら、富士山が噴火して火山灰が降り積もったら、いったい首都圏はどうなってしまうのだろう?

その上、富士山の噴火は単独の事象で終わらず、東海地震などの地殻変動と連動する可能性がある。
考えたくないことではあるが、あるかも知れないという前提で対策を考えておく必要があるだろう。

|

« 我家の雪害 | トップページ | 原田純夫動物写真展を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津市街の雪は消えたが:

« 我家の雪害 | トップページ | 原田純夫動物写真展を見た »