« 『原発ホワイトアウト』を読んだ | トップページ | 『ジェノサイド』を読んだ »

2014/01/03

「非戦反核」ふたたび

Nenga_2014


2012年の年末に感じていたイヤな予感は現実のものとなり、「非戦反核」の旗は掲げ続けないとダメかなぁ、と思い、2013年用年賀状のデータを、2014年用の年賀状に使い回した。


まったくの使い回しでは単なる手抜きだから、ちょっとは工夫しないと……と考えて、Adobe Illustrator の機能をアレコレ使った。
昨年の富士山の写真の手前に雲の画像を配置し、クリッピングマスクで穴を開ける。
ドロップシャドウを使って穴を立体的に見せる。
破った紙がカールしているように見せるため、グラデーションで色を付ける。
家族の似顔絵も、3Dオブジェクトにマップする。


本当は、ほんわかした雰囲気の年賀状にしたかったんだけどね。
安閑としていられない気分だったのだよ。


そうか、こんなふうにして、ジジイの年賀状は過激になり、年賀状のやりとりをする相手が減っていくのかもねぇ。

|

« 『原発ホワイトアウト』を読んだ | トップページ | 『ジェノサイド』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「非戦反核」ふたたび:

« 『原発ホワイトアウト』を読んだ | トップページ | 『ジェノサイド』を読んだ »