« 霊柩車の痕跡器官 | トップページ | はるか南方より »

2013/11/21

イヌガラシ... ではなかった

イヌガラシ...<br />
 ではなかった

朝の散歩で田んぼの道を行くと、黄色い小さな花がたくさん咲いていた。
イヌガラシの群落の中のイヌ〜なんて思いながら、こんの写真を撮ったが、よく見るとイヌガラシではない。

イヌガラシ...<br />
 ではなかった

花が小さいし、果実も短いし、葉の切れ込みが大きい。
これは、イヌガラシではなくスカシタゴボウだろう。

ちなみに、スカシタゴボウを漢字で書くと「透かし田牛蒡」となる。
イヌガラシは「犬枯らし」ではなく「犬辛子」である。
植物名に「犬」がつくとき、「似て異なるもの」という意味の場合がある。
「犬辛子」は「辛子に似て異なるもの」ということで、辛くないからである。

犬を枯らしたり、犬に枯らされたりするわけでは、もちろんない。

|

« 霊柩車の痕跡器官 | トップページ | はるか南方より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イヌガラシ... ではなかった:

« 霊柩車の痕跡器官 | トップページ | はるか南方より »