« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013/11/28

安全のための秘密


(イラストは10月26日の「悪ふざけ(4)」から再掲)

こんな問題を提起するSFやファンタジーがある。

科学者(魔法使い)の発見や発明が、人類や世界を滅ぼしかねないとき、どうする?
病原菌や遺伝子の欠陥、異星からの通信、魔物を呼び出す方法、核融合、人工ブラックホール、気象のコントロール、その他なんでもいい。

B級SFや凡庸なファンタジーでは、その発見(発明)を隠したり、科学者(魔法使い)を抹殺したりして、解決する。
「人類には知ってはならないことがあるのだ」「知らないほうが幸せだ」というわけだ。

現実には、隠したり秘密にして良いことなど、ほとんどない。

例えば、PCやスマートフォンのOSやアプリケーションソフトの脆弱性。
悪意あるクラッカーにより乗っとられる可能性のあるバグを発見したソフトウェアメーカーは、その事実を公表すべきか?
まだ誰にも知られていないので、公表することはかえって危険ではないか?

ソフトウェアのセキュリティに関しては、「公表する」ことが正解で、公表した上で改善するのが正しい企業の在り方である。
隠しても、誰かが見つける。
悪意ある人に見つけられる前に公表し対応を皆で考えるのが最もリスクが小さい、つまり安全なのである。

というわけで、WindowsやAndroidの更新の通知が来たら、おっくうがらずにアップデートしましょう。

さて、発見・発明に話を戻す。
魔法についてはよくわからないので、科学的なほうに絞る。

国家権力や悪の組織は(というふうに同列に扱ってしまう)、人類や世界を滅ぼしかねない発見・発明を秘密にし、我が物としようとする。
敵に対して有効な手段、すなわち兵器、軍事的なパワーとなるだと考えるからだろう。

だが、科学的な発見・発明は、いずれ誰かが発見・発明する可能性がある。
隠しておくことが得策でないだけでなく、危険を招くかも知れない。

例えば、最初の発見・発明で幸運にもコントロールできたとして(だから兵器にしようと思うわけだが)、誰かが偶然に再発見・再発明したとき、コントロールできる保証はない。
安全のためには、秘密にしておかないほうがよいわけだ。

だから、国民の安全を守るために秘密保持が必要だ、と言われてもなぁ。
そう言う首相や、強行採決する議会が、憲法違反の選挙の産物だからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/24

静寂の夕暮れ

静寂の夕暮れ

17時ごろ、日が暮れたので雨戸を閉めに2階に上がった。
こんがついてきて、ベランダに出して、と言う(しゃべったわけではないが)。

タ空に一番星。
宵の明星、金星である(上の写真でも、左上にどうにか見えている。

町のざわめきは聞こえるが、静かである。
なぜだろうと思ったら、虫の声も鳥の声も聞こえないのだ。
タ空を縦横に飛ぶコウモリもいない。

聴覚的にも視覚的にも、静かなのである。

ちなみに上の写真で、こんがブレているのは、HDR(ハイダイナミックレンジ)合成のせいである。
こんが暗くツブれないようにしつつ、空の色も表現できる撮影モードだが、二度撮っているので、その間にこんが動いてしまったのだ。

この後こんは散歩に行きたがったり庭へ出たがったりしてプープー騒いだ。
結局、静寂の夕暮れを感じたのは10分間かそこいらだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/22

はるか南方より

はるか南方より

昨晩のこと。
少し上側の欠けた丸い月が明るかった。
公園の池から北東方向に見える月と、こんを一緒に撮ってみた。

さて、この写真ではよくわからないが、月の下に木星が輝き、その下に箱根の山が横たわる。
箱根の南には伊豆半島が続く。

そのはるか南に、新しい島ができたようだ。
伊豆半島を載せたフィリピン海プレートは、ゆっくりゆっくり北上し、関東地方の下に潜り込んでいる。
この島もやがて、何十万年か何千万年かすると、今の伊豆半島の位置までやってきて、関東地方の下に潜り込むのだろうか。

それまで、島の形をたもっているだろうか、関東平野は存在しているだろうか。それとも、どちらも存在していないだろうか。

海面からわずか突き出た火口から吹き上げられる噴煙のニュース映像を見たとき、小松左京の『日本沈没』を思い出した。
日本列島の南海上で島ができたり沈んだりしたことから、日本列島周辺の地殻の異常な動きが発見され……と話が進んでいくのだ。

月明かりの下、静かな公園を散歩しながら、この足下の大地は決して不動の存在ではなく、変転するものであるのだと思うと、風が吹いたわけではないのに寒さが増すのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/21

イヌガラシ... ではなかった

イヌガラシ...<br />
 ではなかった

朝の散歩で田んぼの道を行くと、黄色い小さな花がたくさん咲いていた。
イヌガラシの群落の中のイヌ〜なんて思いながら、こんの写真を撮ったが、よく見るとイヌガラシではない。

イヌガラシ...<br />
 ではなかった

花が小さいし、果実も短いし、葉の切れ込みが大きい。
これは、イヌガラシではなくスカシタゴボウだろう。

ちなみに、スカシタゴボウを漢字で書くと「透かし田牛蒡」となる。
イヌガラシは「犬枯らし」ではなく「犬辛子」である。
植物名に「犬」がつくとき、「似て異なるもの」という意味の場合がある。
「犬辛子」は「辛子に似て異なるもの」ということで、辛くないからである。

犬を枯らしたり、犬に枯らされたりするわけでは、もちろんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/20

霊柩車の痕跡器官

昨晩、ニュース映像でキャロライン・ケネディ駐日大使の乗った馬車を見て、数ヶ月前に抱いた疑問が解消した。

なぜ、洋風の霊柩車にはインテグラルが付いているのか?

インテグラルは数学で用いる積分記号で、こんな形をしている。→∫
こんな形のクロームメッキされたパーツが、霊柩車の側面後部に付いている。
このパーツは何なのか?

ニュース映像を見ていて、馬車の幌を開閉する金具がインテグラルの形をしていることに気付いた。
洋風の霊柩車の後部は、幌を模しているので、インテグラルの形のパーツを付けてあるのだろう。

霊柩車の後部が馬車の幌のように開閉するわけではないので、このパーツはただの装飾であって、機能的には無意味である。
つまり、「痕跡器官」であるわけだ。
ヒトの盲腸やクジラの後肢の骨のようなもので、進化の過程で使わなくなったけれど、残っているのだ。

ところで、ヒトのオスの乳首も、哺乳器官としては機能しないので、その意味では無意味である。
なんでヒトのオスに乳首かあるのか、というと、哺乳類のオスは退化したメスだからだ(耐久性など全体に劣化しているが、部分的に発達した部分もある)。

こういう場合、オスの乳首は痕跡器官と呼んでよいのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/18

余計なことを!

福島第一原子力発電所4号機の燃料プールから、使用済み核燃料の取り出し作業が始まった。

東京電力は「廃炉へ向けての第一歩」というがいまだ最終処分場は決まっておらず、ゴールがない状態だ。
それなのに、第一歩から先へ進めるものなのか?
というか、最終処分場なんて決められるのか?
国内に10万年にわたって安定した地層なんてないだろうに。

それはさておき、作業中の事故のないことを願う。
もちろん人為的ミスも怖いが、やはり、地震があったらどうしようと思う。
移動中の核燃料棒やキャスク(格納容器)が壊れたら、大量の放射性物質が放出される。
最悪のシナリオでは、首都圏を含めた東日本が居住不能になるのではなかったか。

まったく、原子力発電なんて余計なことを推進してくれたものである。
どうも、余計なことを国家プロジェクトとして勝手にやっちまって困ったものだと思うことが多々ある。
ワシは国民であって主権者だが、許可したことも賛同したこともないぞ。

開けるの開けないのでモメている諫早のギロチンとか。

道徳の教科化とか。

秘密保護法とか(何を秘密にするかは、秘密です。誰が秘密にするかも、秘密です)。

頼むから、余計なことはしないでおいてくれんかね?

原発を見ればわかるように、尻拭いをしなければならないのは国民なのだからね。

厳しい家計の中から収めている(というか有無を言わさず源泉徴収されている)税金を無駄に遣うんじゃない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/16

キーボード再生!

P0275s


会社では、自席の PC の付属のキーボードではなく、私物の IBM スペースセーバーキーボードII を使っている。
前にも書いたが、腰痛対策のためである。
フルキーボードだとテンキーが邪魔になって、真正面を向いたままホームポジションを保つことができず、腰が痛いのである。
それに、スペースセーバーキーボードII にはトラックポイントが付いているので、マウスを使わなくてもポインタを移動できる。
マウスの使用を最小限にできるので、腱鞘炎対策にもなる。


……ということで快適に使っていたのだが、このところ、[A]や[M]、[Ctrl]などのキーが引っかかるようになった。
実際に引っかかって戻らなくなるわけではないが、スッと戻ってこないように感じる。


まぁ、11年前に買ったものだから、そろそろガタが来ても仕方がない。
メンブレン(バネ代わりのゴムの膜)がヘタったのだとしたら、キーボードを換えるしかない。


しかし、付属のフルキーボードはイヤだ。
IBM のスペースセーバーキーボードの現行機種は、ノート PC のような薄型になっているので、キーストロークが浅い。
かといって、自宅と同じ FILCO の FKBN91M/JB2 は、少々値が張る上に、キー入力の際の音が大きいので、オフィスでは少々迷惑だろう。


そこでちょっと検索してみると、グリースを塗るとキーの引っかかり感がなくなる、という記事があった。
よし、試してみよう。


Dsc_0118


グリースは自転車のメンテナンスに使っているスプレータイプのものを用意。
キートップや内部の汚れを取るためにウエットティッシュタイプのOAクリーナー……が切れている。
仕方がない、散歩後にこんの足や肛門を拭くのに使っているペット用ウエットティッシュで代用しよう。
どうせ、動物の皮脂を拭き取るんだし。


上の写真で、キーボードのファンクションキーの上に置いてあるのは、耳かきである。
これを何に使うのかというと……リムーバーの代わりである。


Dsc_0119


竹製なので、適度な強度と弾力があり、キートップにも傷が付かない。
なお、カーソルキーと[Delete]キーの間にカエルの頭が見えるが、これは飾りではない。
うっかり[Delete]キーを押すのを防ぐために、チョコエッグのオマケのモリアオガエルの頭を貼り付けてあるのだ。


Dsc_0120


キートップを外したら、後ではめるときに位置を間違えないように、同じ配置で並べておく。


Dsc_0121


スプレー式のグリースを、ノズルの先から直接キートップの裏側に吹き付けると、量が多すぎる。
そこで、不要なフタにグリースを出しておき、綿棒で塗ることにした。
作業も終盤に入ってから気付いたのだが(マーフィーの法則だね)、綿棒をそのまま使うよりも、綿の部分を折り取って軸の先端を使ったほうが、適量のグリースを塗れる。


Dsc_0124


キートップを外してわかったのは、やはり、キートップとボード(っていうのかな?)の接触する部分が磨耗するということだ。
ボード側の四角い穴の周囲が白いのは、プラスチックの粉である。
穴の中に緑色のメンブレンが見える。
キーの隙間に当たる部分に白い粉のようなものが散っているが、これはホコリや皮膚の剥離片(要するにアカやフケ)である。
キーボードってのはキタナイものなのだ。
もちろん、ワシのキーボードは手入れをしているほうなので、社内のキーボードの中ではかなりキレイな部類である。


ちなみに、上の写真の真ん中の赤いポッチがトラックポイントである。
キートップを外すと、キノコのようだ。


Dsc_0126


キートップの[G]、[H]、[B]には、トラックポイントの位置に凹みがある。


Dsc_0127


左の[Shift] キー、スペースバー、[Enter]キーには、ガタつきを抑えるスタビライザー(細い針金)が付いている。
ここにもグリースを塗って、慎重にセットする。


これで復活!
ただし、作業に2時間ほどかかったので、そのキーボードによほど愛着のある人にしか向かない方法かもね。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/13

跳ぶ夢

跳ぶ夢については、前に書いたことがある。
なぜか、空を飛ぶ夢よりも、地表近くを跳ぶように走る夢を見ることが多い。

今朝方の夢でも、登山道か森林公園のようなところを走っていた。
道の片側が高さ数メートルの法面(のりめん)になっていて、そこも跳ぶように走ることができた。

宮崎駿のアニメのような状況である。
『天空の城ラピュタ』のパズーとか『未来少年コナン』のコナンがそんなふうに走っていたように思う。
『ルパン三世 カリオストロの城』のミニも斜めになって走っていたね。

跳ぶように走りながら、いやぁ、こんなことができるのは、やっぱり夢だからなぁ、と思った。
そう思いながら走っていると、知人が追い越していった。
しかも、斜面からバク転で道に戻っていくのである。

いやいや、ワシにはバク転はできないなぁ、なんて思ったのだが、夢の中でも自分の能力に限界を設けてしまうあたりが、ワシの想像力の限界なのだろうか。

それはさておき、追い越していった知人は、大学の同好会のメンバーであった。
先々週の土曜日、久々に集まって飲んだからだろうか、走っていった先で(夢の中で)何人もの知人と会った。

現実には、公務員であったり学芸員であったり会社員であったりする中年が、旅館のようなホテルのようなところにたむろしていた。
なんだか客扱いではなく半分従業員のような扱いで、窓から出入りさせられたり、ロビーにいると邪魔にされたり。

こういう扱いされることって、そういや昔あったなぁ、と(夢の中で)考えて思い出した。
山小屋である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/11

デジカメ写真を整理した

デジカメ写真を整理した

 

1999年から撮り始めたデジタルカメラや携帯電話の写真を整理した。
PCのHDからUSBメモリにコピーし、1年あたり100枚から300枚くらいになるまで減らしたのだ。

 

全部で1.8GBほどになった。
スマートフォンやタブレットへコピーし、アルバムで見るのが容易になった。

 

そこで気付いたのだが、子供が小学生のうちは枚数が多い。
運動会などの行事のほか、自由研究などでたくさんの写真を撮ったし、キャンプやスキーなどにもよく出かけた。

 

それに比べると、最近は「お出かけ」も減ったし、子供らは写ろうとしない。
そこで最近のサムネイルを見ると、全体に茶色いのである。

 

そう、こんばかりなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道徳の教科書に載せて欲しいこと

線路の幅の数値を改竄してはいけません。

希望と現実を混同して、コントロールできているなどと安易に発言してはいけません。

強制連行や人体実験などの証拠を隠滅してはいけません。

自分がされたら嫌なことを、他人にしてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/05

今でしょ!

今でしょ!

しがらみや既得権益にとらわれて原発推進と言ってきた皆さん、チャンスですよ!

変節漢と揶揄されても、以前は推進してきたじゃんと言われても、この人が一緒なら大丈夫。

将来のことを考えて、原発ゼロに舵を切るなら、今でしょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »