« 自然保護研究会廃会 | トップページ | 誤字ニモマケズ »

2013/10/28

relic(レリック: 遺物)

週末ごとに過去の遺物の整理。
この週末は「もはや動かないソフトウェア」を処分した。

フロッピーディスクの山。アンティークに加工してみた

するとまぁ、いろいろ出てくること。
フロッピーディスクなんて、最近のPCにはドライブがないから読み取れないのだ。

フロッピーディスクに限らない。
LAN 標準搭載がアタリマエの時代には LAN ボード用のドライバなんて無用の長物だし。

CD-ROM ドライブや MO ドライブを接続するための SCSI アダプタ用ドライバなんてものも、もはやデジタルネイティブな若者たちは知るまい。
今はマウスだろうがキーボードだろうがディスクドライブだろうが、何でも USB で接続できてしまうのだから。

ゲームソフトやエデュテインメント(これも死語か?)ソフトも、QuickTime や 256 色ビデオボードがないと動かなかったりする。

本は 100年前、1000年前のものでも読めるのに、PC ソフトは20年も持たない……。

デジタルのほうがアナログより、遺物となるまでの期間が短いようだ。

|

« 自然保護研究会廃会 | トップページ | 誤字ニモマケズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: relic(レリック: 遺物):

« 自然保護研究会廃会 | トップページ | 誤字ニモマケズ »