« 虹は個人的な現象である | トップページ | だから言ったじゃないか »

2013/08/07

原爆と原発のミッシングリンク

原爆と原発のミッシングリンク
プルトニウムの増殖により、核武装実現を目指す!(目指すなよ……)

今朝の静岡新聞の記事を見て、「失礼ながら、貴社の記者の目は節穴ですか?」とメールを打とうかと思った。
……が、面倒くさいのでここに書くだけにする。

「核兵器としての原爆とエネルギーとしての原発。これらを混同してしまうと、問題の本質を見失ってしまうのではないか、と感じた。」
と書かれていたが、(もちろん混同してはいけないが)密接につながっていることを忘れてはならない。

原子炉はその始まりのときから、核爆弾の原料、プルトニウム製造のために造られた(事実かどうかは調べて確認してね。とくに新聞記者は)。

現政権が原子炉の再稼働、核燃料サイクルの実現を諦めないその理由は、核武装したいからではないのか(本当かどうかは確認してね)。

もちろん、現政権が健全で、核武装なんかとんでもない、プルトニウムの核兵器への転用なんか死んでも認めない、と思っていても、プルトニウムを保持していると核ジャック(テロリストによる盗難)に遭うおそれがある。

原子力発電を推進する立場の専門家の中にも、核拡散を防ぐことが重要で難しい課題であることを指摘する人がいる。
原発と原爆を切り離して考えることはできないのだ。

「原爆と原発は違う」というのは、「安全神話」を振りまいているころの「原子力ムラ」の宣伝文句であったことも、忘れてはならない。

|

« 虹は個人的な現象である | トップページ | だから言ったじゃないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原爆と原発のミッシングリンク:

« 虹は個人的な現象である | トップページ | だから言ったじゃないか »