« 北北西に進路をとろうと思ったけれど、北北西はどっちだ? | トップページ | スマートフォン落下防止策 »

2013/07/08

梅雨明けの夜空に

昨晩、散歩に出ると雲が切れて星が見えた。
7月7日の七タに星が見えるとは、珍しい。

どれ、ベガ(織女星)とアルタイル(牽牛星)は出ているかな、と F-06E の Google SkyMap を起動したが、地平線より上が見えず、方位も正しくない。

また地磁気センサーの異常かと、コンパスを起動して較正を試みるが、直らない。
夜道を歩きながらスマートフォンを8の字に振り回すのも端から見たら変だろうなぁ、と思ったのと、高圧線の碍子のあたりで湿った空気を通じて放電しているのが気になったので、家に帰ってから試すことにした。

だが、直らない。
何もしないのにコンパスがぐるぐる回る。

諦めて今朝会社に着いてから確認すると、歩数計もおかしい。
普通なら 2000歩くらい歩いているはずなのに、わずか 35歩。

そこで調べてみると、地磁気センサー(磁力センサー)の較正(補正)には、加速度センサーを使うらしい。
歩数計が不調なのは、加速度センサーが不調だからだろう。

基本に戻って、再起動して会社のデスクの上に放置。
昼休みにコンパスを較正すると、どうやら直ったようである。

……ということで、梅雨明けの今夜、再び Google SkyMap で雲間から覗く星を調べると、ベガだった。
アルタイルとデネブが見えれば、夏の大三角形になるのでわかりやすかったのだが、アルタイルもデネブも雲の中だった。

|

« 北北西に進路をとろうと思ったけれど、北北西はどっちだ? | トップページ | スマートフォン落下防止策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明けの夜空に:

« 北北西に進路をとろうと思ったけれど、北北西はどっちだ? | トップページ | スマートフォン落下防止策 »