« 有権者は眠らない | トップページ | ジブリの「熱風」を読んで選挙に行こう »

2013/07/19

家庭内無線LAN 環境再構築

仕事を終えて帰宅したら、amazon に発注しておいた無線LAN親機(WZR-1750DHP)が到着していた。

夕食・こんの散歩の後、家庭内無線LAN環境構築開始。

設定用アプリケーションCDなどがないので、基本的にはケーブルをつなぐだけ。
本体を壁にネジ止めし、電源を用意し、LANケーブルをつないで、デスクトップPCの有線LAN環境は完了。
インターネット接続を確認。

光終端装置がルータを兼ねているので、無線LAN親機はブリッジ(中継機)になる。
無線LAN親機が、自分はルータだと思いこむことがないように、MODEスイッチでブリッジモードに切り替えた。
自動判別することになっているのだが、ブリッジにすることは決まっているので、自動判別させるだけ無駄だから、手動で設定してしまうのだ。

シャワーを浴びてから、無線LANに着手。
Android スマートフォン 2台(ワシのと、上のムスメのもの)を接続。
ワシのスマートフォンが何度やっても AOSS2 での接続に失敗するので、AOSS で接続。
ノートPC 1台を接続。
ネットワークプリンタ 1台を接続。
ここまでやっていたら、News23が終わりかけていた。

寝る前に、テレビとクラウドディスクの有線LAN接続を確認。
ついでに、USB経由で無線LAN親機につないだNAS(ネットワーク接続ハードディスク)の中身を、PCから見られることを確認。

あとは、下のムスメのスマートフォンと、PS3 とか Wii とか DS とかのゲーム機だ。
これらは、下のムスメに託すことにした。

いやはや、家庭内の通信環境を元通り(+高速化)するだけなのに、手間のかかること。

スマートフォンの Wi-Fi を ON にして近所を散歩すると、家庭内 LAN の電波をあちこちでキャッチするが、みなさん、ちゃんと設定できているのかなぁ。

|

« 有権者は眠らない | トップページ | ジブリの「熱風」を読んで選挙に行こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭内無線LAN 環境再構築:

« 有権者は眠らない | トップページ | ジブリの「熱風」を読んで選挙に行こう »