« Macの憂鬱 | トップページ | 『理工系のための原子力の疑問62』を読んだ »

2013/06/14

人間ドックの後で

人間ドックの後で
今日は夏期休暇を1日使って人間ドックのため、伊豆長岡へ。
気温31℃。夏期休暇にふさわしい(?)真夏日だった。
伊豆長岡にはリハビリテーション病院などの医療機関がたくさんある。
それは温泉があるからだろう。
この写真のような原泉が、住宅地にあったりする。

それはさておき、心電図や超音波の所見は問題なし。
コレステロールは薬でコントロールできているが、薬のせいで肝臓の数値がちょっと良くない。まぁ、問題ない程度だそうだが。

内視鏡を飲んでいる間、映像を見せてもらったが、胃壁は荒れていて、ポリープもあった。
いずれも大したことはないらしい。

肺のX線像については問題なさそうだけれど、過去の写真と比較して、結果を1ヶ月後くらいに知らせてくれる。

このところ、頭痛に見舞われることが多いので、脳MRIもやった。
以前やった頭部MRIは狭いトンネル状の空間に頭を突っ込まされて、暗い中でガンガンとハンマーのような音を聞かされるという、拷問のような機械だった。

今回は頭の上にドーナツ状のコイルがあり、左右方向は開いているため、恐怖感はない。
音も小さいように思った。
検査時間は30分くらいだが、主観的には10分くらいだった。
途中寝ていたようだ。
脳の画像、ちゃんと撮れたかなぁ。

結果は2週間後に説明してくれるそうだ。
また夏期休暇をとらなければ。

|

« Macの憂鬱 | トップページ | 『理工系のための原子力の疑問62』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間ドックの後で:

« Macの憂鬱 | トップページ | 『理工系のための原子力の疑問62』を読んだ »