« 今年もルッコラは食堂になってしまった | トップページ | 人間ドックの後で »

2013/06/11

Macの憂鬱

Macintosh は優れたデザインのコンピュータである。
だが、ときおり、そこまでデザインを優先しなくても、と思うことがある。

昨日、会社の MacPro が起動しなくなったので、製品の型番とシリアルナンバー(製造番号)を調べた。
どこに記載されているか、ご存知か?

MacProのシリアルナンバー表示

マシンの背後、ディスプレイ出力の蔭になる部分にある。
ケーブルを接続した状態では、まったく読めなかった。

ちなみに、MacPro (Early 2008) と似た匡体の Power Mac G5 の場合、側面のカバーを外さないと、シリアルナンバーがわからない。
カバーを外し、下の方にある小さなラベルを見なくてはならない。

PowerMacG5のシリアルナンバー表示

では、ディスプレイ一体型の iMac の場合は?

……台座の裏側である。

面倒臭いことこの上ない。
本体のテッペンとか側面とかに、カッコイイ書体で記載するのではダメなのだろうか。

まぁ、シリアルナンバーを頻繁に調べなくてはならないのは、管理者だけだから、普通のユーザーは気にしないだろう。
だが、社内から「Mac が動かなくなりました」という連絡が来るたびに、とても憂鬱になってしまうのである。
それはもちろん、シリアルナンバーが調べにくいから、というだけではないのだが、ここでは深い話はしないでおこう。

|

« 今年もルッコラは食堂になってしまった | トップページ | 人間ドックの後で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Macの憂鬱:

« 今年もルッコラは食堂になってしまった | トップページ | 人間ドックの後で »