« 緑のカーテン2013 | トップページ | 編集者の使命 »

2013/05/04

憲法の使命

広辞苑などには、憲法は国の最高法規といった説明しか載っていない。

だが、本当に重要なことは、憲法は国民の自由を保障し、国家権力を制限するためのものだ、ということだ。

憲法第96条によって、国会議員の三分の二の賛成と国民投票による半数の賛成がなければ憲法が変えられないのはそのためだ。
国家権力を行使したがる議員が半数程度居ても、憲法を「改悪」できないのである。

現行の日本国憲法においては、戦争を起こすことはもちろん、国家権力が「お国のために死ね」と国民に命ずることも禁じている。
国家権力に都合の良い「教義」を信じるように強制することも禁じている。

このように、国家権力による強制から国民を守っている憲法を、簡単に変えられるようにしようとする連中がいる。
そういう連中を、ワシは信じることができない。

そういう連中はきっと、自分たちの権力と既得権益を増し、国民の自由を制限するように憲法を変えたがるだろうからだ。
そしてきっとまた、「お国のために死ね」とか言い出すのだろう……。

|

« 緑のカーテン2013 | トップページ | 編集者の使命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の使命:

« 緑のカーテン2013 | トップページ | 編集者の使命 »