« NHKスペシャル『完全解凍!アイスマン』 | トップページ | 安定した地層って何のこと? »

2013/03/29

科学とは、誤りを正しながら前進すること

ソメイヨシノは満開となったが、同時にヒノキの花粉が飛んでいるらしく鼻が詰まって頭が痛い。
こういう時期の会議は地獄である。
議論はどうでもいいから、早く結論出して、と言いたくなる。
ホントはどうでも良くなかったりするので、大変危険である。

それはさておき。

立川断層が活断層である、と判断したのは間違いでしたと東大地震研が訂正した件について。

観察し判断した結果が誤りであった、と訂正するのは、極めて科学的である。
科学というものは、常に誤りを検証し、訂正することによって前進するものだ。

誤りをはっきり認めて訂正できるかどうか、というところが、科学的な言説と非科学的な言説を見分けるポイントになるのではなかろうか。

さて、今回「活断層中に生じた岩塊」と誤って判断したモノは、工場跡地の地下に残されたコンクリートの杭の一部だったらしい。
「人工物が地層内に存在する可能性を失念」していたためとのことだが、それを見学者つまり非専門家に指摘されたという点が、ちょっと面白い。

「専門家」は「専門外」からの視点を忘れがちである。
これは科学者とか識者とかいう人たちに限らない。
サラリーマンだって、自分の専門とする領域について、たまに専門外の人の意見を聞くことの必要性を知っている。
非専門家の意見を無視すると、お客さんにまったくウケない商品やサービスを開発しちゃったりするからだ。

話がズレた。

今回の訂正で、「活断層の可能性」がなくなったわけではない。
もっと調べる必要があることがわかっただけだ。

そして、この世にはマーフィーの法則がある。
杭の打ち込まれていた場所が、たまたま、どんぴしゃり活断層だった、なんてことがないとは限らない。

個人的な経験でも、自然は偶然を好むように思う。
自分が作った本が納品されたとき、開いたページで誤植が見つかるとか……。

マーフィーの法則では「偶然が起こる確率は、平均より大きい」という具合になる。
もちろん、これには科学的な裏付けなどないのだが。

|

« NHKスペシャル『完全解凍!アイスマン』 | トップページ | 安定した地層って何のこと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学とは、誤りを正しながら前進すること:

« NHKスペシャル『完全解凍!アイスマン』 | トップページ | 安定した地層って何のこと? »