« その話はファンタジーではないのか? | トップページ | 原発推進派国会議員への宿題 »

2013/02/01

ジジイの眉毛が伸びることの進化論的意味

トシとったせいか、眉毛が伸びる。
何だか痒いので会議中などに眉のあたりを掻くと、長くてカールした眉毛が落ちる。
なるほど、こういう長い毛が生えるから、ふさふさとして目を隠すような老人の眉毛になるわけか。
眉毛が抜けたところからまた太い長い毛が生えてきて、痒くなるのである。

まったくナゼ、ジジイになると眉毛が伸びるのだろう?
毛が増えて長くなるのだから、白髪になるとかハゲるとか老醜が増えるとか、そういった老化現象とも違うようだし。
そういえば、眉毛以外に耳毛や鼻毛も伸びるしなぁ。

何か進化論的な意味があるのだろうか?
トシとってから眉毛が伸びる個体の遺伝子は、何か生存する上で有利なことがあるのだろうか。

オスが遺伝子を残せるかどうかは、メスが選択してくれるかどうかにかかっている。
外見だけでなく、健康であったり子育てが上手であったりという、好ましい形質のオスが選ばれるのだ。
オスの進化は、メスが左右しているのである。

霊長類のオスの生存に有利な形質としては、じつにいろいろなものが考えられる。
病気にかかりにくいとか狩りがうまいとかいった肉体的な優位性。
有用な植物を見つけたり災害を避けたりする知恵を持つという知能的な優位性。
仲間をなごませ、笑わせて集団の結束力や疾病への耐久力を増す可能性があるから、エンターテインメント能力も生存に有利かもしれない。

しかし、子供を産む年齢までに発現する形質だけが、自然選択に関与する。
ジジイになって(子供を作らないようになって)発現する形質……長い眉毛のような……が優先的に子孫に伝わるわけではない。

とくに生存に有利でも不利でもない形質を発現する遺伝子は、選択されるわけでもなければ除去されるわけでもないので、子孫に伝わるかどうかは偶然に左右される。
偶然生き残った「中立的な」遺伝子が、長い年月の間に集団内に広がっていくことは分子レベルでは確認されている。

眉毛の長さのようなマクロな現象が中立進化説で説明できるのかどうかわからない。
しかし、こういう「どうでもいい進化」って、きっとたくさんあるのだろうなぁ。

|

« その話はファンタジーではないのか? | トップページ | 原発推進派国会議員への宿題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジジイの眉毛が伸びることの進化論的意味:

« その話はファンタジーではないのか? | トップページ | 原発推進派国会議員への宿題 »