« 2020年、稼働中の原発をゼロに! | トップページ | 18年と2年 »

2013/01/15

山の見える暮らしは人を山から遠ざけるか

Dsc_0228s

2013年1月15日、朝起きると、富士山はもちろんのこと、愛鷹山も箱根も伊豆も、雪に覆われて真っ白になっていた。
首都圏を大混乱に陥れた爆弾低気圧の置き土産である。

もうちょっと若いころは、こういう景色を見ると矢も盾もたまらなくなって、勤めを休んで山へ行ってしまったりしたもんである。
そして、こんなところ↓で風にビュービュー吹かれたり、スキーの板を新雪に取られて途方に暮れたりしたのだった。

丹沢・冬の稜線

しかしワシもトシをとったので、雪の山はいいよなぁ、などと思いながらも、山を眺めてから、大人しくデスクワークに戻る。

そういえば、山を間近に眺められる環境で暮らしている今のほうが、神奈川や千葉に住んでいるときよりも山へ行く回数が減っている。
その原因は、トシをとったことや子供たちが大きくなったことや仕事をサボると後で辛い(挽回するのに時間がかかる)ことだけだろうか。

案外、山を間近に眺められる環境で暮らしていると、それだけで少しばかり満足してしまうのではないか。
つまりハングリーでなくなっているのではないか。

千葉に住んでいるときになど、見える山といったら筑波山くらいだったので、休日ともなると丹沢や足尾、奥武蔵・秩父・甲州・信州等々、アチコチの山に出掛けていた。
アプローチに時間がかかる山には行かなかったので、2000メートルくらいまでの低山ばっかりだったが。

今はそんなハングリー精神?はなくなってしまったが、時折猛烈に、落ち葉を踏んで延々と歩いたり、沢のほとりで焚き火をしたくなったりするのだ。

|

« 2020年、稼働中の原発をゼロに! | トップページ | 18年と2年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の見える暮らしは人を山から遠ざけるか:

« 2020年、稼働中の原発をゼロに! | トップページ | 18年と2年 »