« シイタケ養殖? | トップページ | ジジイの眉毛が伸びることの進化論的意味 »

2013/01/29

その話はファンタジーではないのか?

例によって、妙な思い付きから始まって、しまいには腹を立てて終わる。

前々回からの海の話つながりなのかどうなのか……。
海賊王を目指す少年ルフィと仲間たちの冒険を描くマンガ『ワンピース』には、食べると異能力を身につけることができる「悪魔の実」というモノが出てくる。
ルフィは「ゴムゴムの実」を食べて、体が自在に伸び縮みするゴム人間になった……という具合だ。
仲間のチョッパーはトナカイなのだが、「ヒトヒトの実」を食べたので人間に変身できる。
このように、動物が他の動物に変身できる実があるのだ。
ところが、その能力が活きない場合もあるのではないか、と考えた。
クジラに変身できる悪魔の実があったとしても、役に立たないだろう。
悪魔の実の能力者は、異能力を得ることと引き替えに、泳げなくなり、海水に浸るだけで消耗するという設定なのだから。
海の動物に変身するような悪魔の実は存在しないのだろうか?

ウサギに変身できる実をキツネが食べたとしたらどうか?
キツネには何の利益もなく、むしろ仲間の餌食になりかねないから、絶対に変身しないように努力することになるだろうか。

そもそも動物の能力を拡張(?)することで、悪魔の実にはどういう利点があるのだろうか。
進化論的に可能かどうか、なんてことは、考えるだけ無駄かなぁ。

……という具合で、ファンタジーに生態学を持ち込むと、とたんに妙なことになる。
ファンタジーと生態学は相性が悪いのである(ここでは、生理生態学や生態系生態学だけでなく、進化生態学などを含む広義の生態学を考えることにする)。

逆に、生態学との整合性を元に、その話がファンタジーかどうかを判断できるのではないか?

じつは、物理化学は判断基準にはしにくいのだ。
「じゅうぶんに発達した科学技術は魔法と区別ができない」というクラークの第三法則が働くからだ。

「空を飛びたい」とか「遠くの人と会いたい、話したい」とか「過去の悪行を映像で示したい」とかいった、昔の人のファンタジックな想像は、科学技術によって実現できているからね。
どんなファンタジーも、物理科学的な現象については実現できる可能性がある。

しかし、生物と環境の関係科学であり、偶然と歴史に左右される生態学は、ファンタジックな妄想に冷水を浴びせるのである。

さて、
「ファンタジーならば生態学と相性が悪い」
を逆にして、
「ファンタジーでないならば生態学と相性が良い」
としても、これは真ではない。

ひっくり返して
「生態学と相性が悪ければファンタジーである」
とするのも、じつは真ではない。

さらにひっくり返して、
「生態学と相性が良ければファンタジーではない」
とする「対偶」が真になる。

だから、生態学と相性が悪いからといってファンタジーだと断ずることはできないが、「ファンタジーの疑いあり」くらいは言っても良いだろう。

ということで、「低レベルの放射線ならば健康によい」とか「放射性物質を含む汚染水は海に放出すれば薄まる」とかいった言説は、生態学と相性が悪いのでファンタジーの疑いがある、とワシは思うのだ。

そういうファンタジーもどきを口にする「専門家」の言うことなど、到底信用できないよねぇ。

|

« シイタケ養殖? | トップページ | ジジイの眉毛が伸びることの進化論的意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その話はファンタジーではないのか?:

« シイタケ養殖? | トップページ | ジジイの眉毛が伸びることの進化論的意味 »