« 会議に遅刻する夢 | トップページ | 放射性廃棄物暫定保管船「不沈空母」号 »

2012/11/06

科学とは「ご理解いただく」ものなのか?

結局再検討となった大飯原発の「F-6破砕帯」問題。
ニュースを見ていて気になったことがある。

関西電力の関係者が「活断層でないことをしっかりご理解いただきたい」と話している映像を見た。
だが、話している相手は地質学者だよ?

科学的な事実って、「ご理解いただきたい」と言われて変わるものだっけ?

科学を愚弄しているのか!と腹が立ったのだが、これはワシが変なのではなく、関西電力が変なのだよね?

だいたい、「ご理解いただきたい」ってセリフは、役人や政治家が「異論反論は受け付けない。言うとおりにしろ」という意味で使うものじゃないのか?

あの事故の後なのにまだ、「ご理解いただきたい」と言い、それで科学的事実をねじ回げられると思っている神経がわからない。

|

« 会議に遅刻する夢 | トップページ | 放射性廃棄物暫定保管船「不沈空母」号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学とは「ご理解いただく」ものなのか?:

« 会議に遅刻する夢 | トップページ | 放射性廃棄物暫定保管船「不沈空母」号 »