« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/30

葉っぱの経済学

ここ数日、イチョウが黄色に色づき、道に葉が散り敷かれている。
サクラの枝もスカスカになり、紅色の葉がまばらに揺れている。

葉は急に色づき、散っていく。
少しずつ、少しずつ、秋が深まるにつれて色づいて散っていくのではなく、ある日いきなり、色づいて散るように感じる。

051130_123103

秋の山を歩いているとき、風もないのにいきなりカラマツの黄葉がはらはらと散り始めたことがあった。

同じ秋の山(大菩薩連嶺)で、風もないのにイタヤカエデの黄葉が、後から後から散ってくるのを見たことがある。
風がないから、葉は舞うことなく垂直に落ちていった。
次から次へと散っていき、根元に積もっていくのをしばらく見ていた。

公園のサクラでも似たようなことがあった。

大学生のとき、ダイズと雑草が光を取り合って競争するしくみを調べた。
そのとき、ダイズの茂みの中の明るさが外側の20%を下回ると、暗い部分の葉が黄色く枯れ始めることに気付いた。

アレコレ調べてみると、植物の葉というものは基本的に「独立採算」だということがわかった。
葉は日光を受けて光合成し、炭水化物を生産する。
その炭水化物と、炭水化物から合成される脂肪分やタンパク質などの有機物を自らの栄養とし、また自らを補強する材料とする。
そして自分で消費しきれない有機物は、植物体の他の部分へと送り出す。

茎や根や花や実で使われる、蓄積される有機物は、葉の余剰生産物なのである。

しかし、他の葉が増えて茂みの影になったり、雑草に覆われたりして光合成できなくなったとき、その葉が他から栄養分をもらうことはない。
葉の中に蓄積していた栄養分を消費し尽くすと(その過程で糖の分解産物で色づくこともあるが)、根からの水分供給を絶ち、枯れ落ちる。

同じように、光合成ができなくなる寒い季節になると、色付き、枯れていく。

生産活動ができなくなり、用済みとなって去って行く葉っぱ。

植物の「個体」というと、1本の草とか木とかを思い浮かべるが、生命の単位としては「1枚の葉」のほうが「個人」に近いように思う。
あるいは、「町工場」のような経済の単位だろうか。
すると、1本の木は地方都市や国家に相当すると考えても良いかもしれない。

枝先にぶら下がって揺れているサクラの葉を見ながら、植物を擬人化するとしたら「カシの木じいさん」よりも「葉っぱのフレディ」のほうが実態に近いのではないか、なんてことを考えたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/28

月明かりの富士山

夜、こんと散歩していると、雪を頂いた富士山が白く見えた。

2012_1128dsc_0205ss

スマートフォンを夜景モードにして撮ったが、よくわからないね。

Photoshop でレベル補正して、無理矢理、富士山が見えるようにしてみた。

2012_1128dsc_0205sse

今夜は満月で、ほとんど懐中電灯を使わずに歩いた。

じつはこの写真をとったとき、月食だったのだが月を見てもわからない。

半影月食といって、月が完全に地球の影に入るわけではない。
地球でさえぎられなかった太陽光で月面は輝いている。
おまけに薄く雲がかかっているので、満月の明るさの変化もわからなかったからね。

月から見ると、地球のヘリから太陽がのぞいているはずだ。
だが、いま月から地球を眺めているのは、かつてアメリカが人を送り込んだ名残りの月着陸船の脚と、日本やロシアの無人機の残骸だけだ。

ふたたび人類が月面から地球を見上げるのは、いつの日だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/25

足尾に行けず仕舞い

11月23日金曜日、有給休暇をとって午前中に食料品を買出し。
昼食後、少し仮眠をとってから車に荷物を積み込み、さて着替えて出掛けようとした午後3時過ぎ、腹痛で動けなくなった。

朝から腹具合が悪く、消化管の末端も腫れていたのでイヤな予感はしたのだが……。
このところ毎日残業で、睡眠不足なので長距離の運転は気が重いなぁ、そのうえ尻が痛くては拷問だなぁとは思っていたが……。
のどがちょっと痛かったりするので風邪気味かなぁ、などとも思っていたが……。

年に一度の、自分を解放する、山と酒と焚き火三昧の日々だから、心待ちにしていたのに……。
10月にアタックザックを新調し、一週間前から寝袋を干したりガソリンコンロを分解清掃したりして準備していたのに……。
1時間以上かかって車に荷物を積み込み終えたのに……。

ガックリである。

シカやサル、運がよければカモシカやクマ、イヌワシに遭うことができ、時間を気にせず焚き火を囲んで飲むことができ、運がよければ銀河の横たわる冬の星座を見上げることができる。
そういう良いところではあるが、いかんせん、遠い。

約6時間のロングドライブが辛いなあ、などと思っているから、なおさら腹の痛みが増してしまうのかもなぁ……。
……などとも思ったが、連休三日目の今日も復調しないので、過敏性腸症候群とかではないのだろうか。

出掛けられないストレスも腹に悪そうだから、近いうちにどこかにガス抜きに行こうと思う。
幸いにして、ウチから1時間で富士山にも箱根にも伊豆にも行ける。
愛鷹山までなら30分だ。

ただし、ここで問題になるのは、一緒に連れて行きたいこんが、5分で車に酔い、30分で吐くことだったりするのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/18

選挙制度と6本肢

なんだかなぁ。
来月衆議院議員選挙かぁ。

なんだかTVでニュースを観ているとイヤになってしまうのである。

政治が民意を反映しない理由は、選挙制度にあるのではないか。

きっと、選挙を次のようにすると、ものすごく良くなるのではないか。

(1)小選挙区制はやめて、全国区だけにする。
これで、一票の格差はなくなるし、「地盤」も無意味となる。

(2)組織票を禁止する。
要するに、既得権益を守るために投票する人が多いから、政治が腐敗するのだし、危険なモノもなくならないのだ。

(3)当選させたい人を選ぶのではなく、当選させたくない人を選ぶ。
2007年の記事「選挙制度を変える」を参照。

選挙制度について考えていると脳みそが腐りそうなので、もっと有益そうな、「肢の数」について考えてみた。

映画『アバター』には6本肢のケモノが出てくる。

6legs_beast_20210913230501

草原やジャングルを走るケモノは4本肢で充分なんじゃないか?
なんて考えていて、「なぜ昆虫は6本肢なのか?」という問いに答える仮説を思い付いた。


SF映画『アバター』の舞台となっている衛星パンドラに生息するケモノは、みな6本肢である。
だが、地球上のケモノ、つまり陸生の哺乳類は例外なく4本肢である。

B0d1b982a3b74a88ba65d3e5079ffc79

哺乳類を含む陸生脊椎動物の四肢は、魚の胸鰭と腹鰭が変化したものだ。
数億年前、陸に上がった魚の肢が4本だったから、カエルもトカゲもネズミもイヌもウマも、みな4本肢なのである。

イヌやウマのように、陸上を駆ける動物の歩き方を考えてみよう。

四足歩行

次の図は、四足歩行のシミュレーションである(クリックして別ウィンドウでGIF動画を表示)。

Tetrapods

とっとと歩く「動歩行」では、4本の肢のうち、2本の肢を地面に付け、あとの2本を動かしている。

Tetrapod2

対角線上の一対の肢で交互に地面を蹴って進む。

Tetrapod4

ということで、肢は4本あれば地上を歩いたり走ったりするには充分であり、6本だと過剰なのではないか?

六足歩行

6本肢の歩行では、足運びはどうなっているのか?
地球上には6本肢のケモノがいないので、昆虫の6本肢の場合の動歩行の状態を見てみよう(クリックして別ウィンドウでGIF動画を表示)。

Hexapods

実際の昆虫の動きは早すぎる場合が多いので、またまたシミュレーションで示す。

Hexapod2

6本の肢のうち3本の肢を地面に付け、あとの3本を動かしている。

Hexapod4

常に3本の肢が地面に付いている状態の場合、常に重心を三点の中に置くことができ、コケることがない。
そこで、六足歩行ロボットは、わりと作りやすい。

だが、陸上を歩行するなら肢は6本も必要ない。
4本で充分なのに、2本余分の肢を形成し維持するコスト、余分な2本の肢をコントロールするための神経系を形成し維持するコストを負担しようとする生物はいない。

進化とは、低コストで環境に適応する過程でもあるから、「陸上を歩行する」ことだけを考えると、6本肢でスタートした動物も、長い年月の間に4本肢になるのではないか。

昆虫が6本肢である理由(仮説)

では、なぜ昆虫は6本肢なのか?

一つの仮説は、昆虫は「陸上を歩行する」より花や葉や枝に「とまる」ことが多いので、6本肢のほうが安定している、というものだ。

とくに次の写真のクマゼミ(の幼虫の抜け殻)のように、重さのある昆虫の場合、しっかりホールドしつつ移動するには、安定感があるだろう。

2f77f2d5bd93402f9e67e07cdbc7bf44

とくにセミの幼虫の場合、羽化するときに脱皮して出てきた成虫が思いっきり反り返るから、その重さを支えなくてはならないし。

しかし、チョウくらいに体が軽い昆虫の中には、肢の数を減らすように進化したものもいる。

Cc0ddead55914a63baaf72f8172307dc

写真のツマグロヒョウモンやヒメアカタテハなど、タテハチョウの仲間をよく見ると、4本肢であることがわかる。

00d0675365444423a7732c3e1e4d7150

さらに体の軽いハエやアリの場合、「しっかりホールド」することはまったく重要ではないはずだ。
ミリメートルサイズの世界では、重力よりも静電気的な引力のほうが大きく作用するのだ。

そこでハエは、静電気で壁にくっついてしまう3本の足先を引っぺがすために、残りの3本の肢で踏ん張らなくてはならないのではないか?

もちろん、死ぬと壁や天井から落ちるから、重力に拮抗して足先を吸いつけるほどの引力はないのだろうが。
それでも、平面に近づけるとぺたっとくっついてします足先を引っぺがしつつ、壁や天井を走りまわるには、6本の肢が必要なのではないか。

……というのがもう一つの仮説である。
ワシは計算が苦手なので思考実験もここまで。
誰か、計算してもらえないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/15

放射性廃棄物暫定保管船「不沈空母」号

そんなバカな、フザケたことを言うな、と怒られそうだが、とにかくアレコレ考えてみよう。

地震と火山の国、日本では地層処分はムリなので1万年間は崩壊熱利用で移動可能な暫定保管船を、廃棄物の総量に応じて何隻か作る。
日本中の港を順に巡り、特定の地域に負担をかけないようにする。
むしろ役立つようにしないと。

普段は港に停泊していて、津波襲来時には海岸にいる人を乗せて沖へ逃れる。
内部には避難所として使えるスペースがあり、もちろん冷暖房完備。
おまけに(空母だから)オスプレイを常駐させる。
テロ対策になる上、普天間問題も解決。

ダメかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/06

科学とは「ご理解いただく」ものなのか?

結局再検討となった大飯原発の「F-6破砕帯」問題。
ニュースを見ていて気になったことがある。

関西電力の関係者が「活断層でないことをしっかりご理解いただきたい」と話している映像を見た。
だが、話している相手は地質学者だよ?

科学的な事実って、「ご理解いただきたい」と言われて変わるものだっけ?

科学を愚弄しているのか!と腹が立ったのだが、これはワシが変なのではなく、関西電力が変なのだよね?

だいたい、「ご理解いただきたい」ってセリフは、役人や政治家が「異論反論は受け付けない。言うとおりにしろ」という意味で使うものじゃないのか?

あの事故の後なのにまだ、「ご理解いただきたい」と言い、それで科学的事実をねじ回げられると思っている神経がわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »