« セルダン計画の将来 | トップページ | 月下の散歩(3)と2色覚 »

2012/09/30

熱海駅にて

熱海駅にて
法事で鎌倉に向かう途上、熱海駅にて。
始発に乗り換え、発車を持っている間、周囲の無人の座席を見ていて気づいたことがある。

4人掛けのボックス席が片持ちになっている。
窓側だけが固定されていて、通路側の座席の下には支柱がなく、素通しである。
古い車両だと座席の下には支柱だけでなく、暖房用の機器なとが置かれていた。
今乗っているモハE230では、そうした機器はすべての座席の裏側に貼り付けてある。
床に設置されている機器はひとつもない。

ということは、床掃除がすごく楽なのではないか?
モップ1本でサササーッと済ませられる。
ずいぶんと省力化=省コストになるだろう。

いや、人間でなくても良いな。
ルンバのような掃除ロボットで、隅々までキレイにできる。

操車場に回送された無人の列車の中を、ロボットたちが走り回って掃除している光景を想像すると、なんとなく微笑ましい。

|

« セルダン計画の将来 | トップページ | 月下の散歩(3)と2色覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海駅にて:

« セルダン計画の将来 | トップページ | 月下の散歩(3)と2色覚 »