« 害虫とは何か | トップページ | 熱海駅にて »

2012/09/22

セルダン計画の将来

スマートフォンの、というよりスマートフォン用アプリケーションの音声テキスト変換機能がずいぶんと進歩してきた。

そうなると試してみたくなるのは、「せるだんけいかくのしょうらい」とゆっくり発音して、ちゃんと「セルダン計画の将来」と変換されるかどうか、である。
うまく変換できれば、はるか未来の銀河帝国末期の科学技術に並んだことになる。
何の話かわからない人は、アイザック・アシモフの『第2ファウンデーション』を読むこと。

ちなみに、ワシはドコモの Android スマートフォンを使っているので、コイツで動作するモノに限られる。
iPhone の Siri だとどうなるかは、わからない。

日本語入力システム NX!input の音声変換:
「ウェルダン計画の将来」「昼顔計画の将来」
どういう計画なのだろうか、いったい。

Google 音声検索:
「駿河湾計画の将来」
検索結果には、もちろん「東駿河湾環状道路」が出てくる。

NTTドコモ しゃべってコンシェル:
「スーダン計画の将来」
NTTドコモのサーバにアクセスして変換しているはずだが、妙な結果だね。
この変換結果を「地元でお調べします」とひつじのしつじくんが言っていたが、もちろん検索結果は0件だった。
「集団計画の将来」
「私でよければお付き合いしますよ」とひつじのしつじくんが言ってくれたが、いったいどういう集団なのだ。

Evernote 音声テキスト変換ノート:
「セダン計画の将来」
うーん、惜しいな、と思ってもう一度トライ。
「セルダン計画の将来」
おぉっ! ファウンデーションの技術に匹敵するのは、Evernote か!
プレミアム延長のお知らせが来ていたから、年額4000円だけど延長しておこう。

|

« 害虫とは何か | トップページ | 熱海駅にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セルダン計画の将来:

« 害虫とは何か | トップページ | 熱海駅にて »