« 蜘蛛の意図 | トップページ | 防災の日、光切り換え »

2012/08/31

32万分の1と、33分の 1

南海巨大地震の発生による死者数は、最大で32万人にのぼるという。
震度7の地震と津波に襲われるリスクがある地域に住む以上、自分自身や家族がその32万人のうちの一人になる可能性は、ゼロではない。

家具の転倒を防ぐ努力、二階の本の重みを取り除く努力は続けているが、震度7では、このボロ家は倒壊するだろうか。
ウチの建っている造成地は崩れたりしないだろうか。

ウチまでは津波はこないことは確認済みだ。
しかし、ワシが遊びや仕事の都合で海の近くに居るときに地震が発生し、津波に遭遇するかも知れない。

32万人のうち、静岡県の死者は11万人である。
静岡県の人口は370万人だから、そのうち11万人は約3%である。
静岡県民の33人に一人が死ぬかも知れない、ということになるのだ。

ウチは四人家族だから、家族の誰かが命を失う確率は約12%となる。
これは恐るべき割合だ。
もっと真剣にサバイバルする方法を考えなくてはならないなぁ……。

なんてことを考えていたら、津波注意報のサイレンと緊急放送が入った。
フィリピン付近でマグニチュード7.6の地震が発生し、2〜3時間後に50cm程度の津波が予想されるという。

遠方の地震であるから、津波は小さく、到達まで時間がかかる。
なんとか、大地震の予兆を発生の10分でも20分でも前に察知することはできないものだろうか。
少しでも「前」に知ることができれば、33分の1の確率をゼロに近いところに持っていけるだろうに。

|

« 蜘蛛の意図 | トップページ | 防災の日、光切り換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 32万分の1と、33分の 1:

« 蜘蛛の意図 | トップページ | 防災の日、光切り換え »