« 金環食も部分月食も金星の太陽面通過も | トップページ | 『僕らの漫画』を読んだ »

2012/06/09

憂鬱な梅雨

小学生のとき、「ゆううつなつゆ」という題で作文を書かされた。
そのころは梅雨を憂鬱だと思ったことがなかったので、ちょっと困った。
「梅雨=憂鬱」という図式に当てはめて考えさせるのはどんなものか、と子供心に思ったものだ。
結局何を書いたのかは忘れてしまったが。

東海地方は昨日、関東甲信越は今日入梅。

雨の中の散歩はイマイチ面倒だ。
雨具を着なくてはならないし、散歩から帰ったらびしょぬれのこんをバスタオルで拭くのも手間である。
だが、散歩そのものは嫌ではない。
雨の日には、雨の日なりの楽しみがあるからだ。

それはさておき、梅雨空のごとく、気分が晴れない。

仕事が終わらなくて土曜出勤したが、まぁそれは、働けるだけ、稼げるだけよしとしよう。

気分が晴れないのは、こっちのせいである。
 ↓
なんでせっかく止まった原発をまた動かすのかね?

またぞろ「安全神話」が復活しそうだが、テロ対策までできるのかね?

活断層が真下にある可能性を指摘されて、「以前の調査結果では問題ない」って、言ってることが子どもっぽいなぁ。

「自転車に乗るなら、タイヤの空気を点検しときな」と親に言われて、
「このあいだ見たときは大丈夫だったから、平気だよ」と答える子供そっくりじゃないか。

タイヤの空気は抜けるものだし、地殻は変動するものだし、何より科学的知見は日々新たになるものだよ?

専門家の指摘に対し、「問題ない」と片付けるのははななだ非科学的であると言わざるを得んね。

夏の電力不足が心配だから原発再稼働って、明日の食事代がないから闇金融から金を借りようという発想と似ていないか?
とんでもない利子を払わされることがわかっているのに?

子供なだけじゃなくて、駄目な大人みたいじゃん。

原発再稼動を望む政治家は是非、自身の選挙区に核廃棄物保管施設を作ることを担保にしてくれんだろうかね?

|

« 金環食も部分月食も金星の太陽面通過も | トップページ | 『僕らの漫画』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憂鬱な梅雨:

« 金環食も部分月食も金星の太陽面通過も | トップページ | 『僕らの漫画』を読んだ »