« どうでもええわ | トップページ | 自然は優しくもなく、無慈悲でもない »

2012/05/20

雲骨記2(うんこつき・ツー)

一昨日の朝の散歩中、こんが畑の堆肥にスリスリしたもんで、右耳のうしろから肩にかけて、牛糞臭い。
こんなんばっかりなので、このブログの名前を「雲骨記」に変えようかと思ったことも幾度か。

それにまぁ、世の中、「糞食らえ」なコトばかりだしね。

「全員撤退とは言っていない」なら、なぜわざわざ経産大臣に電話したのか?
可能性1: ウソをついている。
可能性2: 一部撤退という、自分で判断すれば良いことまでお伺いを立てるほどパニックになっていた。
どちらにせよ、「お勉強のできるバカ」全開だなぁ。

全員撤退していたなら、制御されることのなくなった福島第一原子力発電所の1号機から3号機までの原子炉および4号機の使用済み核燃料はすべてメルトダウンし、コンクリートと反応して膨大な放射性物質をばら撒くことになったと「想定」されている。
福島第二原子力発電所も退避、放置されるのでメルトダウンしただろう。
そうなれば、放射性物質が降下するため住民が避難しなくてはならない地域は半径250kmに及ぶ。
東日本はノーマンズランドと化し、首都機能は喪失。
人的・経済的混乱のみならず、生態系への影響もどれほどのことになったか。

それを回避できたのは、現場が退避することもなく、命令に逆らって海水注入するなど、本店の意向を無視する形で対処したからだそうだ。
民間事故調の報告書には、この現場の対処は「結果オーライ」ではあるが、手放しで賞賛してはならない、と記載されている。
大規模な災害への対応を現場の独断で行うことは、本来あってはならないことだからだ。

まぁ、つまりは経営トップや官僚や専門家といった「原子力ムラのお勉強のできるバカたち」が無能であることの証明だ。
そういう連中をそのままに、原発を再稼動することなど、どうして許されると考えられるのだろうか?
まぁ、そう考えちゃうことそのこと自体がまた無能の証明であるわけだが。

どうしてそんなに、使用済み核燃料というウンコを増やしたいのかなぁ。

ちなみに、こんは昨日シャワーしたので、もう臭くない。
全身ふわふわのふかふかとなり、胸から腹にかけての白い毛は純白となった。
だが、そのふわふわの毛は、そろそろ夏毛に抜け変わる。
もうじき、使用済みの冬毛の始末に追われる季節となるのだ。

|

« どうでもええわ | トップページ | 自然は優しくもなく、無慈悲でもない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲骨記2(うんこつき・ツー):

« どうでもええわ | トップページ | 自然は優しくもなく、無慈悲でもない »