« 雲骨記2(うんこつき・ツー) | トップページ | 胡散臭きモノ »

2012/05/21

自然は優しくもなく、無慈悲でもない

天文学は占星術に由来する。
天体の運行が人の運命に影響を与えると考えた……というほど単純ではあるまい。
個人の運命というより君主や国家の命運を、天体が示すと仮定し、その因果関係を探ろうとしたのだろう。

もちろん、太陽の活動や小惑星の衝突は地球人類の運命に大きな影響を与えるが、こうした天文現象は予測不能だ。
予測可能な天体の運行は、人々の運命や性格とは、まったく関係ない。
誰がなんと言おうと、断じて関係ない。

2012年5月21日、日本各地で金環日食が観察された。
……されたそうだが、ワシは知らん。見てない。
午前7時30分ごろ、静岡県東部は厚い雲に覆われて、どこに太陽があるのかすらわからなかった。

しょうがないなあ。
日食グラスも買ったし、ピンホールで観察できるようにダンボール箱も用意したし、早起きもしたのに、10%くらい欠けた部分食状態しか見えなかった。

まぁ、そんなものだ。
自然には悪意も敵意もない。
人がどう感じようが関係なく、月も太陽も動くし、雲も広がる。

いくら準備しようが、見たくても見られないこともある。
自然は人の営みには無関心なのだから仕方ない。

さて、6月6日には金星が太陽の手前を通過する。
そのとき日食グラスが役立つだろうか。
それとも……。

|

« 雲骨記2(うんこつき・ツー) | トップページ | 胡散臭きモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然は優しくもなく、無慈悲でもない:

« 雲骨記2(うんこつき・ツー) | トップページ | 胡散臭きモノ »