« 放射性廃棄物保管場所の最適地はどこか | トップページ | 無能について »

2012/05/28

なぜ男性よりも女性のほうが花が好きなのか?

近所の生け垣にトウグミ(タワラグミ)が赤い実を付けていた。
渋みはあるが、食べられる。
……とは言っても、よそのうちの植木だから、勝手に取って食べて良いわけではない。
写真に撮って、我慢。

064530s

さて、上の写真は、C型(一般型)色覚とP型色覚(いわゆる赤緑色弱)のシミュレーションである。

日本人の97%を占めるC型の人の網膜には、赤・緑・青の波長の光を感じるセンサーがある。
P型の場合は、赤を感じるセンサーがないか、あるいは感じ方が弱い。
そのため、赤と緑、ピンクと水色の識別が難しい場合がある。

上の写真をC型の人が見た場合、「C」と表示されているほうは緑の葉の間にグミの赤い実がはっきりとわかるが、「P」と表示されているほうは葉と実の色の差があまりなく、実を見つけにくいことがわかるだろう。
P型の人が見た場合には、「C」と表示されているほうも「P」と表示されているほうも、同じように見えるだろう。

哺乳類は基本的にP型で、樹上生活するサルの一部が突然変異によって赤いモノを見やすいようになったと考えられる。

男性の二十人の一人は、P型かD型(緑のセンサーがないか感じ方が弱いタイプ)である。
赤や緑を感じるセンサーの遺伝子はX染色体上にある。
男性はX染色体が1本しかない。
X染色体を2本もつ女性に比べ、そもそも色の感覚が鈍いのかもしれない。

色覚センサーは突然変異しやすいのだろう。
女性の中には、赤センサーを二種類持つ人がいる。
より鮮やかな赤を感じ、微妙な色合いを見分けることができるそうだ。

女性のほうが男性よりも色鮮やかな花を好む理由は、色の感覚の差に由来するのだろうか。

|

« 放射性廃棄物保管場所の最適地はどこか | トップページ | 無能について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ男性よりも女性のほうが花が好きなのか?:

« 放射性廃棄物保管場所の最適地はどこか | トップページ | 無能について »