« SFみたいなことを言うな | トップページ | 国家ってやつは »

2012/04/01

やっぱり駄目じゃん?防潮堤

内閣府の有識者会議が、マグニチュード9クラスの「南海トラフ巨大地震」が発生した場合、御前崎市を襲う津波の最大の高さは、21メートルに達すると発表した。
2003年の中央防災会議の想定では7.1メートルだったから、従来の想定の3倍になったわけである。

ちなみに、 南海トラフ巨大地震は、東海地震、東南海地震、南海地震が連動した場合の想定だ。

2011年3月以前は、「高さ10メートルの砂丘があるから津波の被害は受けない、安全です」と主張してきた中部電力。
福島第一原子力発電所の事故後、海抜18メートルの防潮堤を建設中だが……3メートル足りないね。
やっぱり駄目じゃん。

いや、あと3メートルかさ上げすれば良い、という話ではない。
そもそも津波って、防潮堤で防ぎきれるものなのか?

高さ21メートルの津波を想定した上で、さらに「想定外」が起こり得ることを考えなくてはならない。

そう考えたとき、やっぱり、原子力発電は地震列島には不向きな発電方法なのだと思わざるを得ないんじゃないかねぇ。

|

« SFみたいなことを言うな | トップページ | 国家ってやつは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり駄目じゃん?防潮堤:

« SFみたいなことを言うな | トップページ | 国家ってやつは »