« 国家ってやつは | トップページ | 『福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書』を読んでいる »

2012/04/14

責任を取ることなど、誰ができるのか

昨日(4月13日)、TOKYO FM のクロノスで、「福島第一原発20キロ圏内にあり、第二原発を抱える町、福島県双葉郡楢葉町の高原カネ子さんのインタビュー」を聞いた(カギカッコ内の文字列はクロノスのサイトから引用)。

高原さんは現在、避難していて楢葉町には住んでいない。
その楢葉町には原発事故で飛散した汚染物質を含む核廃棄物の中間貯蔵施設建設の計画がある(国から提案されている段階)。
「核のゴミ捨て場」建設に対して、明日投票が行われる町長選の候補者二人は、ともに反対を表明している。

高原さんは「極論かも知れないが」として、「楢葉町の住人は、無批判に原発を受け入れ、その恩恵を享受してきた。その責任をとって中間貯蔵施設を受け入れざるを得ないのではないか」と言う(ワシの脳のフィルターを通過しているので、このまんまの発言ではありませぬ)。
原発の再稼動を望む自治体もあるようだが、原発を受け入れ、その恩恵を享受するということは、こういうことなのだよ……事故が起これば帰るべき故郷を失い、核のゴミ捨て場と化すのだよ、という警告の意味を込めての発言である。

ニュースを見ていると、原発立地の商店などで「原発が動かないと商売上がったりなんだよね」なんていう軽いノリのオッサンが出てくるが、こういうオッサンに核のゴミ捨て場まで受け入れる覚悟はあるのだろうか?

避難を強いられた中学生の「人間の手で止められないもので発電していたんだね」という言葉を、どう受け止める?
この子たちの故郷を踏みにじった責任は、誰がどうとるのか?
いや、責任を取ることなど、誰かにできるのだろうか?

政治家個人に責任が取れるわけなどない。
辞任しようが自殺しようが、そんなことで責任を取ったことにはならない。
そして、官僚機構や国家が責任を取れるものなのだろうか?
金銭的補償ということならどうせ税金が元なのだから、(被災者を含め)国民全員に「薄まって」しまう。
責任の所在が、まったく明確でない。

それなのに、休止中の原発の再稼動をしようなんて無責任もはなはなだしいと思うのだ。

|

« 国家ってやつは | トップページ | 『福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書』を読んでいる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任を取ることなど、誰ができるのか:

« 国家ってやつは | トップページ | 『福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書』を読んでいる »