« 僕のコダクローム | トップページ | 地震予知犬? »

2012/01/25

電気はためられないのか?

電気はためられない、というのが、原子力発電を推進したがる人の常套句だった(今はどうだか知らない)。
しかし、蓄電池の進歩によって、「ためる」ことが容易になってきたように思う。
考えてみれば、ケータイをはじめ電子機器はバッテリーで動くものが増えたからね。

バッテリーは電気を化学エネルギーに変えて貯蔵する装置である。
他のエネルギーにも、変える方法はないか?と考えてみた。

揚水発電は、電力が余っているときに水を貯水池に汲み上げておき、必要なときに水力で発電するしくみである。
これは電気エネルギーを水の位置エネルギーに変えて貯蔵するしくみといえる。

電気を水以外の物体の位置エネルギーに変えて貯蔵するしくみはいろいろ考えられる。

太陽光などで発電した余剰エネルギーで、「おもり」をビルの高所に上げるというのは非現実的だろうか?
おもりを下ろすときに発電する。おもりの位置をコントロールすることで制震もできないだろうか?

誰か考案しているかなあ。

|

« 僕のコダクローム | トップページ | 地震予知犬? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気はためられないのか?:

« 僕のコダクローム | トップページ | 地震予知犬? »