« 無時間仮説とビデオテープ | トップページ | コンピュータ=壊れるもの »

2011/10/17

Bluetoothキーボードを試す

リュウドのBluetoothワイヤレスキーボードを買った。英語(US)配列のRBK-2000BT3である。
箱から取り出したときの第一印象は、はっきり言って、ちょっと安っぽいかなぁ、というものだった。プラスチック表面の質感とか、電池ボックスの蓋がカチっと止まらない感じとか。
そのあたりが気になったのだが、着脱式の携帯電話スタンドを引き出してF-12Cをセットし、ペアリングして使い始めてみると、なんとまぁ。
快適である。
キーボードが使えるってこんなに楽なのか、と感じた。
この記事が、じつは接続して最初のテストである。
コントロールコマンド(Ctrlキーと英字キーの組み合わせ)が効かないので、コピー&ペーストをどうやってやるのかが効率的だろうか。
まぁ、おいおい考えよう。

↓ポメラ(DM-20)と並べてみた。……並べてみたものの、この二つを比較しても仕方ないか。

|

« 無時間仮説とビデオテープ | トップページ | コンピュータ=壊れるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bluetoothキーボードを試す:

« 無時間仮説とビデオテープ | トップページ | コンピュータ=壊れるもの »