« 今年アゲハの幼虫が少ないわけ | トップページ | 半減期 »

2011/08/29

夜の散歩に TG-810 を持って行く

毎晩のこんとの散歩に、TG-810 を持って出た。
夜の散歩中にもいろいろと面白いものを見つけることがあるが、携帯電話ではうまく撮れない。
かといって、一眼レフをもって出るのも面倒だ。

TG-810 にはマクロモードが三つある。

通常の「マクロ」は被写体に20cmまで接近できる。
広角側で(35mm銀塩カメラ換算)28mm相当、望遠側で140mm換算のズームもできる。

「スーパーマクロ」は被写体に3cmまで接近して撮影できる。
ズームは利かなくなるし、60cm以上離れるとピントが合わない、という制限がある。

「SマクロLED」は、シャッターボタンを半押しすると、ワンタッチライト(白色LED)が点灯し、レンズから7 ~ 20cmの範囲を照らす。
もちろん、撮影時にも LED 照明で撮れる。
こんな具合である。

メマツヨイグサかアレチマツヨイグサか、ともかく夜にも咲いている。
蛾がよく訪れる花の一つだと言われているが、このところ省電力のため街灯が消されているせいか、蛾をあまり見ないような気がする。

それはさておき、田んぼには再び水が入れられ、カエルの声が戻ってきた。
体長2~3cmの小さなトノサマガエルが畦道を飛んで横切ろうとして、こんに追いかけられていた。

そのうち、寝ている虫とか夜行性動物(タヌキ、ハクビシン、etc.)とか、そんなものも撮れるかもしれないと思っている。

|

« 今年アゲハの幼虫が少ないわけ | トップページ | 半減期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の散歩に TG-810 を持って行く:

« 今年アゲハの幼虫が少ないわけ | トップページ | 半減期 »