« KYのすすめ | トップページ | おびえたときにとる行動の共通項は何か »

2011/08/05

速攻で夏の庭の草刈り

車を定期点検に出すついでに銀行へ行くなど雑用をやっつけようと、休みをとった。

……ということで、午前中に庭の草刈り。
なにしろ、夏の草は伸びるのが早い。
とりあえず、草刈り機のバッテリーを充電しておいて、蚊取り線香を焚き、シダの写真を撮った。

隣家との間の通路(当然、適度な日陰だ)に何種類かシダが生えているのだが、何種類あるのか調べたことがなかった。
刈ってしまってからでは遅いので、その前に生えている状態と採集した葉の写真を撮っておくことにしたのだ。

後ほどゆっくり調べて、科学的逍遙にまとめて載せようと思っている。
まぁ、大人の自由研究である。

さて、カミさんが洗濯物を干し終わるころを狙って、伸びたヒメコウライシバやセイヨウシバと一緒に、メヒシバやアキメヒシバやドクダミやコブナグサやイヌタデやエノコログサや、まぁいわゆる雑草というやつらを電動草刈り機で刈りまくった。
草刈り機のバッテリーは30分程度しか持たないので、効率的に刈りまくる。
通路のシダも刈り、それらをすべて掃き集めて庭のコンポストに放り込む。
ついでにぼうぼうと伸びたハクチョウゲを刈り込みバサミで刈り、通路をふさぐミョウガやアレチノギクを刈った。

こんは最初のうちだけ、楽しげに庭の木陰で涼んでいるが、ワシが草刈り機を振り回し始めると、ウチに入った。
なんてやつだ。それでもイヌか。

……なんてことをやっていると、顎から汗がボタボタと垂れる。
植物の持つアレルギー物質、というか接触毒によって皮膚炎を起こすのを防ぐため、長ズボンを履き、長袖のTシャツを着ている。
もちろん、手袋も付けている。
帽子をかぶると額の汗が眼に入るので、手ぬぐいで鉢巻。
手ぬぐいが額の汗を吸っても、顎から汗がボタボタと垂れる。

刈り込みバサミや熊手を片付け、草刈り機に付着した草を歯ブラシでこそげ落として、撤収。
蚊取り線香を焚き始めてから、約1.5時間。
パンツまで汗でぐっしょり。
それ以上作業すると熱中症になりそうだった。

被災地でボランティアとして働く中年が熱中症で倒れるのも無理はない。

それはさておき、今日はだいぶ植物を虐殺したが、動物の被害で確認できたのは、3匹だった。
1.なにか蛾の幼虫。ヒトリガが何かかな? とにかく毛虫。罪悪感なし。
2.ヤマトシジミ成虫。たぶん草刈り機で片側の羽を飛ばしてしまった。ごめん。
3.ニホントカゲ。草刈り機を振り回していたら、体長3cmほどの幼体が飛び出してきた。よく見ると尻尾の先が5mmほど欠けていたので、草刈り機で切っちゃったかも。ごめん。たぶん再生するけどね。草刈り機も怖かっただろうけど、ウチにはもっと怖いイヌもいるから、気を付けてね。

|

« KYのすすめ | トップページ | おびえたときにとる行動の共通項は何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速攻で夏の庭の草刈り:

« KYのすすめ | トップページ | おびえたときにとる行動の共通項は何か »