« 問題点探索が不具合解決の(ほぼ)すべて | トップページ | 雨でも散歩、風でも散歩 »

2011/07/18

天の光はすべて星+α

昨晩のことである。

雲が空を横切ってはいたが、東の空には夏の大三角形。
わし座のアルタイル、こと座のベガ、はくちょう座のデネブ。
新暦7月7日は梅雨の最中なので、アルタイル(牽牛:彦星)とベガ(織女:織姫)は、ほぼ確実にデートすることはできない。
梅雨が明け、昼間は暑さで動くのも嫌になるような季節になってから、風の渡る稲田の上に昇ってくる。

2011年7月17日の東の空byStellaTheaterPro

昨晩・一昨晩と、月が明るかった。
月が明るいと星がかすむが、夏の大三角形とさそり座、春の大三角形と土星は際立っている。

アルタイルもベガもデネブもアンタレスもアークトゥルスもスピカも、恒星だから文字通りの星(スター)である。
土星は惑星(プラネット)、月は衛星(サテライト)だから、まぁ、星、というか天体である。
少なくとも、恒星である太陽の光を反射しているのだから、その光も星の明かりと言って良いだろう。

『天の光はすべて星』

フレドリック・ブラウンのSFの表題にもなっている詩的な表現である。

昨晩の北の空、北斗七星の下にZ状に光が並んでいた。
富士山の山小屋と、登山者の列の光である。

天に近い地上の光。

台風が接近しているので、富士山も天気が荒れるだろう。
……そう思っていたら、今日は山頂に笠雲がかかっていた。
頑張って登った皆さん、ご来光(これも天の光で、星の光)は見えたでしょうか。

|

« 問題点探索が不具合解決の(ほぼ)すべて | トップページ | 雨でも散歩、風でも散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天の光はすべて星+α:

« 問題点探索が不具合解決の(ほぼ)すべて | トップページ | 雨でも散歩、風でも散歩 »