« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

「本当は」誰のための原発なのか?

今朝の朝日新聞の記事、「原発への攻撃、極秘に被害予測 1984年に外務省」を読んで、やっぱりと思うとともにガックリというか、なんだか真面目に納税するのがイヤになるような、そんな気分になった。

外務省が1984年、日本国内の原発が攻撃を受けた場合の被害予測を極秘に研究していたことがわかった。原子炉や格納容器が破壊された場合に加え、東京電力福島第一原発の事故と同じ全電源喪失も想定。大量の放射性物質が流出して最大1万8千人が急性死亡するという報告書を作成したが、反原発運動の拡大を恐れて公表しなかった。

5月に「想定外? 想定内?」という記事に、「まさか、面倒くさいから考えない、お金がかかることが「想定」されるから考えない、という思考停止に陥っていたのではあるまいね」と書いたが、原子力の管理担当とは別の役所が、テロを想定していたわけだ。
しかし、「「反原発運動への影響を勘案」するとして部外秘扱い」にしちゃったのだから、いったいどこを向いて仕事をしているのか、ワケがわからない。
誰の払った税金で飯食ってるんだ!

原発はなぜ胡散臭いか」と考えたとき、電力会社や役人や政治家が寄ってたかって、無理やりに推進しようとしている(してきた・今なおしようとしている)ことが不思議だ。
事故時のリスクが段違いに大きく、廃棄物の処理方法も決まっておらず、廃炉までを勘案すればコストの高い発電方法を、なぜ推進したがるのか?

「核兵器が欲しいから」ではないのか?という「イヤな思い付き」については、すでに書いた。
だが、本当に核兵器を欲しいと思っている「人」が居るのか?
居るとすれば、それは「誰」なのか?
その「糞野郎」(汚い言葉を使って失礼)の「権力」を剥奪することができれば、誰も原発が欲しいと思わなくなるだろうか?

まぁ、そういうハリウッド映画的な解決は、実社会ではあり得そうもない。

そもそも、本当に特定の「誰か」、邪悪な権力者が居るのだろうか?

九州電力の「やらせメール」問題で、役員からの明確な指示がなかったが「そう望んでいるだろう」と思って関連会社に協力要請をした、という話があった。

いちばん怖いのは、邪悪な権力者よりもこういう「気遣い」かも知れない。

本当は望んでいないのに、「立場上、賛成しとかないとマズイかもなぁ」と考えてしまうような「気遣い」が、邪悪な権力者に匹敵する、悪い結果を招くのではないか。

原発推進の立場に立っている人も、ちょっと立ち止まって考えて欲しい。
本当に本心から、原発がなければやっていけない、原発は(対策をとれば)安全だ、とそう思っているのか?
仕事上まずいんじゃないか、などと上司や親会社、元請けに「気遣って」そういう立場に立っているのだとしたら、それは変だ

ことは、数万年にわたる子孫の健康と環境にかかわる問題である。
ここは、タテマエではなく、本音はどうなのか、よくよく考えてから、発言するなり投票するなりして欲しい。

……と、そんな風に思うのだが、ブログに書く以上の元気は、いまのワシにはないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/29

小松左京死去

2007年に『SF魂』を読んだとき、こういう自伝みたいなもの書くと、作家は死期が近いんだよなぁ、と思った。
『日本沈没』の作者が、東日本大震災の年に没するとは。

日本沈没後のエピソードが1966年のSF長編『果てしなき流れの果てに』に出てくる。
国土も国家も消滅してしまった民族が遠く離れた惑星の開拓民として旅立つ、未来の光景である。

『日本沈没』は1973年の作品だから、その何年も前から日本列島を海に沈めて日本人すべてを難民にする構想があったわけだ。
2011年3月11日以後、地震大国である日本では、列島が沈むようなことがなくても、損壊した原子力発電所から放出される放射性物質によってノーマンズ・ランドと化すおそれがあることが明らかとなった。
SFは荒唐無稽な夢物語ではなく、可能性を示し、想像力を持つこと、考え続けることを読者に要求する。

さて、『果てしなき流れの果てに』には、宇宙や時間の流れに関する壮大な視座と日常の風景とが混在している。
小松左京の作品の中では、そういう、壮大なスケールの出来事に対峙しながらも、日常の小さな幸福感を大切に守ろうとする人々が描かれているものが好きだ。

デビュー作の「地には平和を」や「戦争はなかった」など、軍隊や支配者への反発を描いた作品が多いのは、戦中・戦後を生き抜いたからだろう。
その一方、『日本沈没』や『首都消失』では、政治家や官僚がとても立派に描かれている。
これは、そうあって欲しいという願望なのだろうか?

映画がさんざんに酷評された『さよならジュピター』だが、原作の雰囲気は好きだった。
宇宙では、荒くれ者(のように見える人)も知識と技量を持つ技術者、という世界観とかね。
そういえば、『さよならジュピター』にも、過激な自然保護テロリストが登場していた。
これも予言的だったと言えるだろうか。
トフラーが『パワーシフト』で「環境神権主義」への警句を述べるよりも前だったように思う。

外挿と想像力とで、大胆な未来予測を述べていた小松左京は、2011年から先の未来を楽観視していただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/26

バレるに決まってることをやるのは小学生だけか

答えは、小学生だけではない。

どういうわけか、地位や権力のあるオトナが、バレるに決まっていること、バレたら自分の立場が危うくなることを、やっちゃうのである。

原発再開に賛成するメールを送るように関係会社に通知したり。
事故を起こした高速鉄道の先頭車両を壊して埋めたり。

いったいどうして、そういうしょうもないことをしてしまうのか、ヒラの会社員のワシには、どうにもわからない。

普段から、胡散臭いこと、後ろめたいことをしていると、そういうしょうもない精神構造になってしまうのだろうか。

ピーターの法則でいう「無能レベル」に達すると、見るからに無能な行動をとってしまうものなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インストールの法則

もう昨日になってしまったが、会社でAdobe CS 5 をインストールするのに、ちょいと苦労した。
のたのたと這うように進むプログレスバーを見ながら、「残り時間1分と表示されたら、5分かかる」なんていうインストールの法則を発見したりした。
他では役に立たないノウハウを身につけたり。CS5はDVDからのインストールに失敗するので、インストーラーをHDにコピーしてHDからインストールする、とか。
すでにCS5.5が登場しているから、今後CS5をインストールすることは、まず無いだろうからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/20

雨でも散歩、風でも散歩

星を眺めて歩いていた先週末とは大違いの今週の散歩。
台風6号が接近。自転車並みの鈍足台風なので、連日の雨。
ムスメどもがはまっている「暗殺アクションゲーム」のようないでたちで散歩。

20110720

安物の雨具だと汗で水をかぶったようになってしまうが、モンベルのゴアテックス製の雨具は蒸れにくい。
とはいえ、まったく蒸れないわけではない。
やっぱり蒸れて暑い。

あまりに雨脚が強いときには、玄関から出るときにちょっと躊躇するものの、こんは雨だろうと風だろうと、元気に散歩に出かける。
そして濡れた犬臭くなって帰ってくるのである。

雨に濡れて歩くと、子供のころ、雨が降りそうなときには帽子をかぶるように言われたことを思い出す。
雨には放射能が含まれているので、雨に濡れると髪の毛が抜ける、というウワサがあったのだ。

アメリカやフランスやソ連がさかんに大気圏内で水爆実験などを繰り返していた時代である。

いま再び、やはり放射性降下物に脅かされる生活となっている。
軍事的な核実験の結果ではなく、商業的な「核の平和利用」における事故の結果である。

やはり、大気圏内で核反応を扱うことは、根本的に間違っているのではないか、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/18

天の光はすべて星+α

昨晩のことである。

雲が空を横切ってはいたが、東の空には夏の大三角形。
わし座のアルタイル、こと座のベガ、はくちょう座のデネブ。
新暦7月7日は梅雨の最中なので、アルタイル(牽牛:彦星)とベガ(織女:織姫)は、ほぼ確実にデートすることはできない。
梅雨が明け、昼間は暑さで動くのも嫌になるような季節になってから、風の渡る稲田の上に昇ってくる。

2011年7月17日の東の空byStellaTheaterPro

昨晩・一昨晩と、月が明るかった。
月が明るいと星がかすむが、夏の大三角形とさそり座、春の大三角形と土星は際立っている。

アルタイルもベガもデネブもアンタレスもアークトゥルスもスピカも、恒星だから文字通りの星(スター)である。
土星は惑星(プラネット)、月は衛星(サテライト)だから、まぁ、星、というか天体である。
少なくとも、恒星である太陽の光を反射しているのだから、その光も星の明かりと言って良いだろう。

『天の光はすべて星』

フレドリック・ブラウンのSFの表題にもなっている詩的な表現である。

昨晩の北の空、北斗七星の下にZ状に光が並んでいた。
富士山の山小屋と、登山者の列の光である。

天に近い地上の光。

台風が接近しているので、富士山も天気が荒れるだろう。
……そう思っていたら、今日は山頂に笠雲がかかっていた。
頑張って登った皆さん、ご来光(これも天の光で、星の光)は見えたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/15

問題点探索が不具合解決の(ほぼ)すべて

「昨日から、DTP用のカラープリンタで印刷できないんです」という報告を受けたのが、昨日の午後イチ。
2台あるカラープリンタのうち、一方からだけ印刷できない。
ネットワークに問題があって印刷できません、というダイアログが出るが、エラー警告の文面は参考にするものの、信用しないことにしている。
警告はコンピュータが気づいた直接の原因を述べているだけで、「本当の問題点」を指摘してくれるわけではないからだ。

隣の島(長ーいデスクなのだ)のワシの PC からは、問題なく印刷できる。
同じ島の人たちに確認すると、印刷できる人とできない人がいる。
印刷できない PC をよく見ると、Windows 2000 だ。

驚くなかれ、まだ Windows 2000 が現役なのである。
一般企業とは、そういうものだ。

ワシの PC は Windows XP なので、OS の違いが関係するのかも、と思った。
ところが、印刷できない Windows 2000 と同じ島では、印刷できる Windows XP もあり、印刷できない Windows XP もあった。

ということは、OS の問題ではない。
2台のプリンタのうち一方からは印刷できるし、社内ネットワークにも問題なく接続しているから、ケーブルやハブなどのネットワーク機器の不具合でもない。
印刷できない PC からも、プリンタに接続したプリントサーバ(Buffalo LPV2-TX1)に ping が通る(ネットワーク越しに応答がある、ということだ)。

こうなると、不具合が起こっている PC では、何かシステムの設定変更があったのではないか、と疑いたくなる。

とりあえず、Windows のプリンタ問題のトラブルシューティングに従って、プリンタを削除し、再インストールする。
駄目。

もう一度プリンタを削除し、ドライバを入れ直して、再インストール。
駄目。

Windows のトラブルシューティングの次のページには、Print Spooler サービスを止め、システムフォルダ内のデバイスドライバを削除してみろ、とある。
ここで非常にイヤな予感がした。

サービスを止めたりとか、システムフォルダ内のファイルを削除したりとか、そういった操作をしなくてはならなくなったら、事態は悪いほうに向かっていると思ったほうが良い。
これは何度もサーバをクラッシュさせたりネットワークを止めたりしてしまった経験がささやくものだ。

でもまぁ、1台の PC だから何とかなるだろう、と、Print Spooler サービスを止め、自動起動しないように設定してから PC を再起動し、システムフォルダ内のドライバを削除した。

プリンタを再インストールしたが、駄目。
それだけでなく、ふつうに印刷できていたプリンタも、ドライバを削除したために使えなくなってしまった。

泣く泣く、計3台分のプリンタドライバを再インストールした。
その際、Acrobat 7 のアップデータが勝手に起動することに気づいた。
犯人は、こいつか?

駄目でもともと、Acrobat 7 を削除し、Acrobat 8 をインストール(正規のライセンスを使用)。
Acrobat 8.0.0 には脆弱性があるので、インターネット経由で 8.3.0 にアップデート。
ファイルをダウンロードするのに数十分かかった。

しかし、Acrobat のバージョンを上げても事態は改善しない。
Acrobat 7 のアップデータが勝手に起動することと、印刷の不具合とは無関係なようだ。

2時間ほどの奮闘(悪あがき?)ののち、ひとまず問題を棚上げすることにした。
もう1台のプリンタは使えるので、そちらを使ってもらうことにしておいて、Windows のアップデートについて情報システム課に相談してみようか、などと考えた。
そこでふと、「なぜ一方のプリンタは大丈夫なのか」と考え、2台のプリンタの違いに気づいた。
印刷できないほうのプリンタは、パラレルポートに挿したプリントサーバを使っているが、印刷できているほうのプリンタは、内蔵のLANボードを使っている。

DTPオペレータの皆さんが帰ってから、プリントサーバをリセットして、家に帰った。

そして今朝、何事もなかったかのように印刷できた。
プリントサーバにどのような不具合があったのかは不明だが、相手の PC の IP アドレスを選んで、通信を遮断していたのだろうか。
計画停電のとき以来、105日にわたって稼働しっぱなしだったので、何か不具合があっても不思議ではないが。

……ということで、PC やネットワークに関するトラブルは、問題点を見つけ出すことができれば、もう解決したようなものなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/13

人間ドックで胃カメラを呑んだ

一昨日、総務課から「明後日、空きができたんですけど、人間ドックに行けますか?」と問い合わせがあった。
例年は秋ごろなので、今年もそのころだろうと思っていた。
まぁ、別に前々から準備しなくてはならないこともないし、会議や差し迫った締め切りもなかったので、OK と返事をした。

……ということで今日、休暇をもらって人間ドック。
体重も増えておらず、腹回りも74cmのまま。
ところがやっぱり、コレステロール値がやや高く、肝臓の成績が悪い。
高脂血症を抑える薬をちびちびと飲んでいるので、コレステロール値が昨年よりは低いが正常の範囲からはみ出している。
そして、解毒しようと頑張る肝臓に負荷がかかる。

脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らすための薬で肝臓病のリスクを増やしてしまっては仕方がないので、主治医に相談のこと、ということになった。

バリウムを飲むのは平気なのだが、飲んだ後で数日苦しむのが嫌なので、胃の検査は胃カメラを呑むことにしている。
のどを通過させるときがとても苦しいが、数秒の辛抱なのでなんでもない。

胃カメラで撮影している映像を見せてもらい、説明を聞いた。
胃の入口(噴門)に近い食道に軽い炎症があるが大したことはない、胃に小さなポリープがあるが良性なので放っておいても大丈夫、胃壁や十二指腸はきれいなもので問題ない、ということだった。

ただ、胃に入れたカメラの先端をぐにっと曲げて噴門を内側から見る(噴門を通過している胃カメラの黒い管が見える)ときには、胃の中でぐにぐに動くのがわかって気持ちが悪い。
十二指腸を見るために胃の出口(幽門)から十二指腸の屈曲部へカメラを進めるときには、曲がっている角度が急なので、医者もてこずっていた。
胃壁をごりごりとカメラがこするのを感じ、画面には赤くなった胃壁が見えた(ような気がする)。
医者も気の毒に思ったらしく、「いま映っているでっぱりは肝臓と膵臓からの消化液の出口ですよ」などと観光案内のような解説をしてくれた。

おかげで、自分の上部消化管の地理にはずいぶん詳しくなった。

さて、人間ドックに出かけるときには、文庫本か新書本を1冊持って行くことにしている。
検査と検査の合間に、けっこう待ち時間があるのだ。

というわけで、今日は万城目学の『プリンセス・トヨトミ』を持って行って、三分の二ほど読んでしまった。
『プリンセス・トヨトミ』を選んだのは、映画化されて話題だからというわけではなく、文庫化されたからだ。
そういえば、登場人物の設定が映画のキャストとずいぶん違うようだが、このキャストでどうやってオチをつけるつもりなのか、少々気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/11

虫鳴く月夜の散歩

夏の夜は、こんが花火や雷におびえるので、なかなか遠出ができない。
遠出といっても片道20分の丘陵だが、晴れれば空が開けていて気持ちが良い。

虫の声だけが、リー、リー、と細く響く中、月齢10.1の月明かりの道を歩く。
こんは道端のサインポストを気にするが、ワシは空の星のほうが気になる。

2011年7月11日の星空。StellaTheaterProのキャプチャ画像

月の東側(左側)に明るい星が見える。
赤っぽい星だなぁ、と思い、あとで調べてみたらアンタレスだった。
さそりの赤い心臓である。

西に目を転じると、明るい星が三つ。
やけに尖った三角形を形作っている。
おとめ座のスピカとしし座のデネボラとうしかい座のアークトゥルスを結ぶ春の大三角形にしては、尖りすぎだ。

何か惑星がまぎれ込んでいるに違いない、と思って調べたら、土星だった。
しし座が雲の中だったので、おとめ座のスピカと土星とうしかい座のアークトゥルスを結んでしまったのだ。

丘陵から下る道を歩いていると、池を囲む林でアオバズクが鳴いた。
アマガエルもけたたましく鳴いたが、明日も晴れだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/10

東京ビッグサイトにて

20110708_1

一昨日、東京ビッグサイトに行った。
東京国際ブックフェア、電子出版EXPO、教育ITソリューションEXPO等々、業務に関連する展示会があったので、招待状をもらって出張してきたのだ。

……疲れた。
普段、1日に会う人数が数百人で、その半分くらいは顔を知っているという生活をしていると、見知らぬ数万人とすれ違う状況は、とっても疲れる。

空気はねっとりと厚く重く、酸素が薄いような気もする。
ビッグサイトの屋上に出て、深呼吸した。
わずかに、潮の香りがした。
わずかに、だ。
眼下に海面があるのに、この弱々しい潮の香りはどういうことなのだろう。

20110708_2

水路と化した海面の上を、無人運転の鉄道の軌道が伸びている。
ビルとビルの間からレインボーブリッジの航行警告灯が見え、その向こうには夕空。
南のほうで風車がゆっくり回り、その上をジャンボ機が羽田空港に進入していく。

子供のころの近未来、21世紀の風景って、こういうふうだったっけ。

帰路、ビルとビルの間から、富士山の山頂だけが見えた。
あの富士山にほど近いところまで帰るのだと思うと、ほっとした。

こんなに疲れてしまうのでは、もはや都心に出張するのも難しいなぁ、などと思った。
……なんてことを、都会に出てくるたびに思っているのだが(2008年2月10日「横浜へ行った」、2008年2月14日「新宿へ行った」参照)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/02

生物学的面倒の朝

今朝、ひさびさにゆったりと眠れたなぁ、と思いながら起きたら、二の腕を小さなアリが這っていた。
寝室は2階である。
いったいどこから侵入したのだろうと観察したところ、窓枠と柱の隙間らしい。

とりあえず、こんの生理的欲求を処理すべく、散歩に行く。
すると、駐車場(というか庭への通路というか)に、パラパラと土くれが落ちていた。

20110702_1_ss

最初は、よその犬が土を蹴り散らしたのかと思ったが、よくよく見ると、土くれというより、コケの塊である。
その周辺にコケは生えていない。

20110702_2_ss

それだけでなく、車の上にもコケが落ちていて、フロントガラスに土が付いていた。
ここで気付いた。
犯人は、いや犯鳥は、スズメだ。
ウチの瓦の隙間に作る巣の材料にしようと、近所の庭(あるいは、盆栽?)からコケを運んだのだろう。

20110702_3_ss

毎年巣を作るあたりを見てみると……やっぱり、瓦の隙間からコケがはみ出していた。

こんの用足しを終えてから、アリの侵入経路と思しき隙間に殺虫剤を散布。

ワシは「害虫」の駆除には基本的に殺虫剤は使わず、他の方法が使えない場合のみ、限定的に使用する。
アリの場合、庭にいるなら気にしないが、屋内に侵入した場合には、その経路を断つことにしている。
アリの社会という集団的知性体が伸ばしてきた触手に火傷を負わせて、「こちらに来てはいけない」と躾けている。
……というような気持ちでいるのだ(集団的知性が存在するのか、それを躾けることができるのか、躾けるほどワシは偉いのか、というように、疑問点はいっぱいあるから、気持ちだけ、だけどね)。

スズメの落としたコケは玄関先に移植して、車の上に飛び散った土は如雨露で洗い流した。

こうしてようやく、生物学的にもたらされた混乱……というか面倒な事象を収集し、ようやく朝食をとることができたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »