« 給料ドロボーに付ける薬はあるか | トップページ | 夜の空間はカエルの声に満ちている »

2011/06/02

携帯電話でガンになるか?

WHO の IARC(国際がん研究機関)によると、携帯電話の電磁波によって、脳腫瘍(グリノーマ)のリスクが高くなるそうだ。
アタマの近くで強力な電波を発信するのだから、そんなことがあっても不思議はない。

まぁ、コーヒーや排気ガス、焼き魚の炭(ちがったかな?)と同レベルの危険性だから、深刻に受け取るべきかどうか難しいところだ。
リスクは少ないほうが良いが、すべての危険を回避することは不可能だしね。

携帯電話に「健康のため使いすぎに注意しましょう」というラベルが貼られるようになるのだろうか。

携帯電話のみならず、ウチも家庭内 LAN を無線にしたから、電磁波が飛び交っている。
こういう電磁波も発がんのリスクを高めるのだろうか?

……ということで、家庭内やオフィスでは、携帯電話もPCなどのデジタル機器も、電波ではなく光通信にしてはどうだろう?
例えば照明をLEDにするなら、複数波長のLEDを組み合わせ、それぞれのLEDを細かく点滅させることで、デジタル信号とするのである。

ヒトの視覚ではわからない速度で点滅しているはずが、じつは松果体で関知して、成長期の子供の精神が異常な発達を遂げるとか……なんて考え出すと、SF が書けそうだねぇ。

|

« 給料ドロボーに付ける薬はあるか | トップページ | 夜の空間はカエルの声に満ちている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話でガンになるか?:

« 給料ドロボーに付ける薬はあるか | トップページ | 夜の空間はカエルの声に満ちている »