« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/26

専門家の責任と限界

朝日新聞2011年5月25日朝刊のインタビューから。
「水俣学」を提唱する原田医師は、福島第一原発の事故をどう受け止めたかと問われて「懲りてないねぇ」と答える。水俣病と同様、政府も産業界も学者も安全性の考え方を誤り、教訓が生かされてないからである。
「専門家」や学界の権威は、警鐘を鳴らす学者を無視し、危険性を無視してきた。
「本当に原発の専門家であれば、当然、今回の事態を予測しなきゃいけなかったはずですよね」
「ぼくは専門家の存在そのものを否定するわけじゃない。でも『何が専門家なのか』があいまいだと言いたい。いわゆる『専門家』(学者)の言うことだけをうのみにすると危ない。魚の専門家とは誰か。大学にもいるだろうが、水俣の海で毎日魚を取って暮らす漁師も専門家です」

そういえば、大学4年のとき、研究室の助教授(当時)に言われたものである。
卒業して、農業改良普及員や農業試験場の研究員になり、農家の指導にあたる者もいるだろうが、自分を農業の専門家と思うな、と。
どんなに技術的な裏付けがあっても、毎日田んぼを見に行く篤農家には敵わないのだから、と。

……さて、朝日新聞を読んでから、同じ日の静岡新聞朝刊「NEWS交差点」、「原発震災の教訓 専門家に聞く」を読んだ。

原発の安全審査では、一次審査は専門家が加わるが、二次審査は確認だけ。
津波の影響について、専門家の間で意見が一致しなかったとき、危険性を優先するか、科学的な厳密さを優先するかでまとまらなかった。
津波の専門家は、リアス式海岸でなければ10メートルみれば大丈夫と言った。
……「津波の専門家」うんぬんは、原子炉工学の専門家の発言である。

なんだか、こんなマンガが頭に浮かんだ。

北を向いた蛸壷の中の専門家が、南を向いた蛸壷の中の専門家に聞いた。
「そっちからウツボは見えるか?」
「いいや、見えない」
「そうか、こっちからも見えないから、安心だな。みんなに安心だって言っとこう」

……外へ出て、まわりを見渡し、他のタコの意見に耳を傾けてみてはどうだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/25

晴れた日には庭の手入れを

先週末に引き続き、今週末も持ち帰りの仕事が発生する。
……ということで、平日にどこか一日休もう、と思った。
このところ雨の日が続き、今日だけ晴れる、ということだったので、昨日有給休暇を申請した。

休んだとて、どこかへ出かけるわけでもなく、庭の手入れ。
週末ごとに仕事だったり雨だったりして手入れができなかったので、庭が荒れていたのだ。

休みなん、いざ。庭園まさに荒れんとす。

というわけで、タラノキやレンギョウやカキやエノキの枝を払い、ユスラウメやカツラの剪定をした。
玄関先のローズマリーを刈り込み(今年2回目)、ノラネコの通路をふさぐようにハクチョウゲを植えた。

今年はユスラウメが豊作である。
どうせほとんどがヒヨドリに食われてしまい、人間様の口には入らないのだが。

カツラは放っておくと樹高20メートルまで伸びるそうだから、ときどき太い枝を落としてやる必要がある。
今年も登って枝を落とした。
自宅で木登りは良いのだが、どこまで安全に登れるか判断が難しい。

午後はちょっと仮眠してから、古い Windows 98 マシンのディスク消去を行なった。
PC リサイクルに出す前に、個人情報の入ったハードディスクから、すべてのデータを消し去らなくてはならない。

Windows の「削除」や「フォーマット」では、目次や索引にあたる部分が消されるだけで、実際のデータは消されない。
そこで、ディスク全体に 0(ゼロ)や 1(いち)を書き込んで、元のデータを上書き消去する。

まず、フロッピーディスクを1枚用意して、Windows 98 で MS-DOS システムディスクを作った。
次にディスク消去プログラムを探すために、Windows XP ノートを持ってきた。
Windows 98 マシンはネットワークから切り離してあるのだ。
もはや、対応するウイルス対策ソフトもないのだから、仕方がない。

Windows XP ノートでベクターから DESTROY をダウンロードして、システムフロッピーにコピー。
そのフロッピーを Windows 98 マシンの A ドライブにセットしたら、C ドライブから Windows が起動してしまう。
BIOS の設定を確認して、A → C の順に起動シーケンスを変更。
何とか A ドライブから MS-DOS を起動して、コマンドラインから DESTROY を実行した。

結局、休んでもコンピュータのメンテナンスをすることになるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消せるボールペンのラバーを黄色に

一昨日書いた記事「消せるボールペンに必要なデザイン」に補足。

消せるボールペンを、消えないボールペンと区別できるようにするためのデザインについて、少し考えてみた。

ペン全体のデザインを統一するのは難しいだろう。
では、一部だけ統一してはどうか。

消せるボールペンには、こするためのラバー(ゴム)が付いている。
メーカーにより、ペン軸に付いていたりキャップに付いていたりする。

そのラバーを、黄色に統一してしまうというのはどうだろう。

キャップのラバーが黄色ければ、ペン立てに立ててあっても、消せるボールペンだとわかる。
ペン軸のラバーが黄色い場合でも、キャップを外して軸にはめるときに気付くだろう。

ラバーの色以外は、独自のデザインで良いから、メーカーも対応しやすいのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/23

消せるボールペンに必要なデザイン

使ってみるまでは魅力を感じなかったのだが、「こすると書いた文字が消えるボールペン」が便利だ。
某印刷機器メーカーの展示会でノベルティとしてもらったので、どんな具合なのかしばらく使ってみたのだ。

マーフィーの法則によれば、ボールペンで書き込んだ会議予定は変更になるものだ。
二重線で消して書き直すと、また変更になる。
そういう会議予定などは、消せるボールペンで書いておけば、何度でも消して書き直せる。

会議のレジュメにメモを書き込むと、字を間違える。
そのまま回覧したりコピーして配るのは恥ずかしい。
消せるボールペンなら、誤字を直せばいい。
修正液も、修正テープも要らないし、「乾くまで待つ」必要もないので大変気楽だ。
気楽なほうが、字を間違えにくいしね。

会議中ヒマなとき、つい落書きをしてしまうのだが、その落書きを消せるのも良いね。
シャープペンだと消しゴムのカスも出るし、跡も残る。
消せるボールペンで書いた文字は、じゅうぶんに乾いてから、力を加えすぎないように注意してこすれば、よく消える。跡も残らない。

消せるボールペンには、次のようなものがある。

パイロットのフリクションボール
http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/frixionball/

三菱鉛筆のユニボールファントム
http://www.mpuni.co.jp/product/category/ball_pen/fanthom/index.html

ワシが使ったのはパイロットのフリクションボールだが、軸の後端にラバーが付いているので、キャップを外さないと消せないのが、ちょっと面倒くさい。
ノック式ならいいのになぁ、と思っていたら、やっぱり出てきたね。
http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/frixionballknock/index.html

……というわけで、とても便利なのだが、問題点もある。

ボールペンなのにインキが消える原理は、パイロットのサイトに書いてある通り。
http://www.pilot.co.jp/support/frixion/1297051945950.html

要するに、60℃以上の摩擦熱によって、発色剤と発色を補助する成分が離れるしくみである。
そのため、宛名書きには使えない。
直射日光の当たるクルマのダッシュボードなんかに置いておくと、字が消えてしまうそうだ。
冷凍庫に入れて 0℃以下にすれば元に戻るが、消したはずの文字も戻ってくる。

しゃかりきになってこすり、紙の裏側まで60℃以上になったら、そこに書かれた文字も消えてしまう。

もちろん、消せるから公文書には使えない。

……というわけで、普通の(こすっても消えない)ボールペンとは区別して、使い分ける必要がある。

ところが、消せるボールペンの外見は、普通のボールペンと変わらない。
そのため、公的な書類に消せるボールペンで「うっかり」記入してしまう人が出てくる。
とくに老人に多いそうだが、それはまぁ、仕方がないだろう。

消せるボールペンは、普通のボールペンと違うことがわかるようなデザインにすべきではないか?
手に取ったとき、「あぁ、これで公的な書類を書くわけにはいかないなぁ」と思わせるようなデザイン……。

……どうしても、フザケたデザインが思い浮かんじゃうなぁ。
ヘビとか、麦わらとか……。

いやぁ、それじゃあ、年寄りには売れないし、ビジネスユースにも向かない。

「消せる」「消える」ことが判りやすいデザインというと、やっぱり、「消しゴム付き鉛筆」しかないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/17

想定外の試練にさらされている「最後の壁」

福島第一原子力発電所の1号機・2号機・3号機のメルトダウン(炉心溶融)に伴い、炉心を冷却するために注入している水は、だだもれになって原子炉建屋の床にたまっているという。
「最後の壁」は炉心から溶け出した放射性物質を高濃度に含む「汚染水」が地下に浸透しないようにとどめておくことが可能なのだろうか?
そういう事態を想定して、原子炉建屋を作ったとは、考えにくいのだが……。

ちなみに「最後の壁」については、東京電力の「電気・電力辞典」で次のように解説されている(図解が財団法人 原子力安全技術センターにある)。

五重の壁(ごじゅうのかべ)

原子力発電所から放射性物質を逃がさないようにいろいろな対策があります。有名なのが原子炉をすっぽりつつんだ五重の壁です。
第1の壁はペレット。第2はペレットを密封した燃料棒(被覆管ひふくかん)。第3は原子炉圧力容器。第4は原子炉格納容器。第5が一番外側の建物の壁。この五つを「五重の壁」といいます。
第1の壁のペレットは、ウラン燃料を陶磁器(とうじき)のように固くやきかためたもので、大部分の放射性物質はこの中に閉じこめられています。
第2の燃料棒は、ジルコニウムという特殊な合金製の管で、ペレットの外へもれた気体の放射性物質を外へ出さないようにしています。
第3は厚さ16センチメートルある低合金製の圧力容器です。燃料棒からのほんのわずかな放射性物質も、もらさないようになっています。
第4の格納容器は厚さ約38ミリの鋼鉄製の巨大な容器で、おもな原子炉の機器を包みこんでいます。
最後の壁が原子炉の建物です。建物全体が厚さ1メートル以上のがんじょうなコンクリートの壁でできています。

第1の壁、第2の壁は津波に伴う電力喪失により、冷却水の循環が止まったために融けてしまった。
第5の壁(最後の壁)は、ジルコニウム(第2の壁)と水が反応して生じた水素を格納容器の外に逃がした際、吹っ飛んでしまった。逃がした水素と、空気中の酸素が急激に反応したためである。
水素と酸素の急激な反応って、実験したことあるよね?
試験管に発生させた程度の水素なら「キュポン」と音がする程度だが、大量の水素が反応すると、最後の壁を吹っ飛ばすほどの水素爆発となる。

第3の壁、第4の壁は、2000℃を超える高温の炉心溶融物によって破損したらしい。
実際にどのように、どこが破損しているのかは、今のところ誰にもわからない。
強い放射線に阻まれて、誰も原子炉に近づけないからだ。
ただ、注水した水がだだ漏れになっていることから、第3の壁、第4の壁に穴が開いていることが推測できる。

まぁ、もともと、制御棒を出し入れする機構とか、冷却水を入れる管とか、高温の水蒸気が出てくる管とか、圧力調整用の管とか、ベント(排気)用の弁とか、そういったものが貫通する穴がたくさん開いているわけだから、そういう開口部が脆弱性のネックになっていたはずだ。
貫通部とか開口部とか、I/O ポートとかインターフェースとか、そういったところはどんな機械にとっても脆弱な部分なので、壊れたりハッキングされたりしやすいのだ。

最も強い壁は、穴のない壁だが、それでは壁の中から何も取り出せない。

さて、最近読んだ、ものづくり「プロ」の記事から……。

甚さんの「想定内だぜぃ!トラブルは」(3):原発事故から学ぶインタラクションギャップ (3/3)
[國井良昌/國井技術士設計事務所(Active Design Office),@IT MONOist]


この記事の執筆にあたって、気が付いたことが幾つかあります。

1. 原子力発電所の仕組みがまるで「実験室」から出てきたような装置であること。
2. 事故を解説する専門家も「実験室」から出てきたような発言であること。
3. 職人の専門用語である「安全率」が登場しないこと。

 そして、最後にとても残念なことがあります。それは……、テレビの報道などで事故について解説する人物が各所の管理者や学者で、技術者や設計者、そして、職人が登場しないことです。
(中略)
 技術とは学問の上に実務歴を有していなくてはなりません。実験室レベルの装置で、実験室から出てきたような専門家以外に適切な指導ができる「原子力の職人」は、この国には不在なのでしょうか?

見逃されている原発事故の本質 東電は「制御可能」と「制御不能」の違いをなぜ理解できなかったのか
(山口 栄一)

ジャーナリズムも政府も、津波と同時に非常用電源が失われ、その結果、当初から原子炉は「制御不能」になってしまったという「勘違い」で議論が進んでいるからだ。しかし実は、事故原因の本質について、ジャーナリズムも政府も見逃している、ある真実がそこにある。 (中略) 原子炉が「制御不能」の事態に陥る前に、海水注入で熱暴走を止める意思決定をする余裕が、少なくとも8時間もあったのだ。しかし、東電の経営陣はその意思決定を怠った。そして1号機が「制御可能」から「制御不能」の事態に陥ってから20時間後に、ようやく海水注入の意思決定が行なわれるに至った。 (以上、1ページ目から抜粋)

この記事の2ページ目以降は日経オンラインの会員、日経ビジネスの読者のみ閲覧できるようになっているので、簡単に要約する。
要するに、現場の技術者は海水注入による冷却を実施したかったのに、経営陣から待ったがかかったのだ。
待ったをかけた理由は、「海水を原子炉に入れたら、廃炉にするしかない」からである。
「安全のために、巨額を投じて建設した原子炉を捨てる」という決断ができなかったことが、悲惨な事故を招いたのである。

結論:原発事故の原因は、科学技術の欠陥ではなく、経営判断のミスである。

まぁもちろん、科学技術に過信は禁物だけどね。「安全神話」なんてとんでもない。「神話」は科学ではなく、非科学的ファンタジーなのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/10

ノーマンズランドへの帰宅

ノーマンズランドと化した自宅への一時帰宅のニュースを見た。

川内村の村長の言葉が報道で流れる。
「悔しいよね」「防護服を着てウチに入らなければならないなんて」「異常ですよ」

電源立地補助金をもらっていても、こうなってしまっては元も子もない。

浜岡原発のある御前崎市について、補助金や中部電力関連で町に落ちる金を心配する声ばかりが報道される。
金は要らない、子や孫の代に対する責任を考えたら原子力に頼るべきではない、と考える人もたくさんいるだろうに。

いやいや、「金が」と言っている人も、ノーマンズランドと化した故郷へ防護服を着て「一時帰宅」する姿を見て、まだ何か言えるだろうか。
福島のお百姓さんや漁師さんに向かって、「原発がなくなったら商売にならない」なんてことを言えるだろうか?

#原発の職員がいなくなったら客がいなくなるような商売しかしてないのかね、と言いたくなるのは我慢して……あ、書いちゃった。
#ついでに、その「金」にはワシが働いて収めた税金が使われていて、その税金はワシや同僚が智恵を絞り無駄を省いて稼いだ給料から源泉徴収で問答無用に徴収されたものだからね。

今日の朝日新聞夕刊の池澤夏樹氏のコラムは、ワシが考えていることと似ていた。
「20年前に原発を論じた文章」から意見が変わっていないということなので、リンクを張っておこう。
http://www.impala.jp/311/syuumatsu.pdf

(『楽しい終末』収録「核と暮らす日々」より)

浜岡原発はすべて停止することになった。
停止しても、使用済み核燃料は残る。
巨大地震が起こればどうなる「可能性」があるか、さらに津波が襲えばどうなる「可能性」があるか、想定外だろうがなんだろうが、起きてしまった例がすでにある。
停止したから安心、安全、ということにはならない。

そして、マーフィーの法則によれば、「起こって欲しくないことは、最悪のタイミングで起こる」ものなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/08

原発事故とO111食中毒との類似点

腸管出血性大腸菌 O111 による食中毒事件の報道を見ていて、福島第一原子力発電所の事故との間に、類似点があることに気付いた。

O111 により死亡したのは、子供と老人だった。
子供の父親が注文したユッケを「つまんだだけ」の子供と高齢者が亡くなったのは、抵抗力が弱いからだ。

放射線による被害も、個人差が大きい。

低レベルの放射線が長期にわたって人体に作用したときの影響については、よく判っていない。
「低レベルの放射線は健康に良い」などという人もいるが(ワシには妄言に思えるが)、重大な影響があるという研究結果もある。

確実にわかっているのは、放射線に対する感受性は個人差が大きく、成長期の子供に対する影響は深刻だということだ(http://scienceportal.jp/HotTopics/interview/interview62/03.html)。

もう一つの類似点は、どちらの事故を起こした企業も、目先の利益を優先し、事故が起こった際のリスクを過小評価していたのではないか、ということだ。
何か問題が起こったときに及ぼされる影響についての想像力の欠如、と言ってもよいかも知れない。
あるいは、「顧客はどこに居るのか」というドラッカーの問を真剣に考えていなかったことだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/07

想定外? 想定内?

福島第一原子力発電所を襲った津波が「想定外」だったという言い訳に関して……。

「何もかもがダメになるといった状況は考えなくてもいいという暗黙の了解があった。隕石の直撃など、何でもかんでも対応できるかと言ったら、それは無理だ」
(元原子力安全委員長の発言。http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103300512.html より)

イヤイヤイヤイヤ、確率からいったら、「千年に一度の津波」と「隕石の直撃」じゃあ、桁が違うんじゃないか?

それに、隕石を待つまでもなく、人工飛翔体がピンポイント攻撃を仕掛けてくる可能性は、遥かに高い確率でありうるのではないか?
とくに福島第一原子力発電所の事故で明らかになったように、原子炉建屋内の使用済み核燃料は圧力容器や格納容器のように密閉されていないわけだから、原子力発電所をピンポイント爆撃するのに、核ミサイルなどの大げさな兵器を使う必要もない。
適当な重さの弾頭を高空から落としてやればいいだけだ。
ちょうど、隕石のように。
その運動エネルギーで建屋の天井に穴を開け、使用済み核燃料棒やプールを破壊し、水素爆発なりを誘発させて、一帯を放射性物質で汚染することができるだろう。

まったく、冗談じゃない。
「隕石の直撃」は想定外だとしても、上空から「何かが落とされる」ことも想定外だったのだろうか?
もしも、想定外ではなく、想定していたとして……どういう対策が考えられていたのだろうか?
まさか、面倒くさいから考えない、お金がかかることが「想定」されるから考えない、という思考停止に陥っていたのではあるまいね。

ウチから西へ80kmのところにある中部電力の浜岡原子力発電所は、10mの砂丘を設けて津波対策としている。
近い将来「必ず」起こる東海地震によって発生する津波の高さは、8mと想定しているそうだ。
もっとも、この想定が甘いことは中部電力も承知していて、高さ12mの防波壁を建設するという。
12mまでは想定内、それ以上は想定外、ということだろうか。

しかし、東北地方太平洋沖地震の規模がこれまでの地震学で説明できないことから、当然、東海地震の規模も見直す必要があるそうだ。

いかなる高さの津波が到来するか予測不能なのだから、「この高さなら大丈夫」という想定も不可能だ。
つまり「12mを超える津波は想定外」という言い訳は、科学的には成り立たないわけである。

もちろん、地震の揺れそのものの大きさも、予測不能である。
そもそも、浜岡原子力発電所で想定されている揺れの大きさは、ちょっと小さいのではないか、とワシは考えているのだが。

「東海地震+浜岡原発 ~ 原発震災を防ぐ全国署名」に協力して、浜岡原子力発電所を止める運動をしたほうが良いかなぁ……などと考えながら、こんとの散歩から帰ってきたら、ビックリするようなニュースが。

菅首相、浜岡原発の全原子炉運転停止を要請
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0603I_W1A500C1000000/

これはちょっと想定外。
想定していたよりも早く、日本社会は脱原発に向かうことができるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/03

黄砂が舞う前、ツグミは旅立つ

昨日から黄砂が舞い、景色はやけに白っぽくけぶっている。
2階の窓から見える隣家の雨どいには、薄緑色のスギ花粉の上に薄茶色の黄砂が積もり、微妙な色合いになっている。

それはさておき、今朝、ツグミを見かけないことに気づいた。
そういえば、昨日も見なかった。

直近では、一昨々日の4月29日、2羽のツグミが2~3メートルの距離を置いて一緒にいるという、珍しい状況を見たのが最後だ。
畑で見かけるとき、ムクドリやスズメと違い、ツグミは単独で餌を捕っている。
そのツグミが、2羽とはいえ「群れて」いたので、そろそろシベリアへ旅立つのかなぁ、と思った。

その翌々日、黄砂が舞った。
まもなく黄砂が降ることを知っていて、黄砂を避けて、旅立ったように思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/01

BCP: 闘いの日々

東北地方太平洋沖地震の後、物流の混乱、計画停電の影響などから、会社は BCP を発動中である。
BCP(Business Continuity Plan: 事業継続計画)のため、普段は業務の範囲外なのでやらないような仕事をしている。
業務時間中にできないので、ウチに持ち帰ってやっているのだが、そのため土日も屋内に引きこもって仕事である(業務時間外なので、手当は出る)。
ここ3週間休みなしで、庭は荒れるばかり。

まぁ、まったく一歩もウチから出ないというわけでもない。
昨日、駐車場に出たらスズメの卵が落ちていた。

P4300048s

ひっくり返してみたところ、中身がきれいになかったので、無事に孵った後、親スズメが巣から捨てたものだろう。

P4300049s

ちなみに、「そばかす」を漢字で「雀斑」と書くのは、この卵の殻の模様に由来する。

大地震の後、バタバタと過ごしているうちに、いつの間にかスズメの雛が産まれるような季節になってしまった。
玄関先には、シャガの花が咲いていた。

P4300050s

デジタルカメラの細かい設定をするのが面倒なので、オート設定で撮った割にはキレイに撮れた。
この季節になるとシャガの花に彩られていた丹沢の登山口を思い出しながら、屋内に戻った。

地震や津波の直接の被害を受けなかったとしても、普段どおりの生活に戻るための闘いは、まだまだ続くのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »