« 災害は忘れなくてもやってくる | トップページ | 3.11と3.10 »

2011/03/14

計画停電に振り回された……

静岡県東部に住んでいるので、自宅も勤務先も計画停電の対象地区に含まれていた。
しかも自宅の住所が第2グループと第3グループの両方に書かれたりしているので、いつ停電なのかもわからない。
たぶん、地名とは関係なく、変電所からの給電範囲で決まっているのだと思うが、どこにも地図がない。
東京電力のサイトはもちろん、沼津市役所のサイトにもない。
長泉町や三島市には、手描きの地図があったが……。

不安を抱えながら出勤。
事業所の所在地の計画停電は12:20~16:00だということなので、会社の業務は午前中で終了ということになった。
コールセンターや購買窓口は昼で閉鎖。
全館停電に備えてPCやコピー機の電源を落として備えていたら、計画停電は中止だと……。

首都圏の交通はひどいことになり、出勤できない人も多くて、取引先などは軒並み休み。
震災の被害に遭わなかった工場も止まってしまった。

産業への影響は大きいなぁ。
地域ごとに強制的に停電させるのではなく、業種ごとに自粛を要請するほうが良いのでは?
計画停電せずに済んだ時間帯があったのは、利用者の節電の成果なのではないか?

普通に働くことで、ちゃんと税金を払い、募金などで手助けできれば、と思っているのに、なんてことだ……。
原子力発電所の事故といい、東京電力の信頼度は下がってしまったなぁ……。
しっかり頼みますよ、ホント。
「顧客はどこに居るのか」(P. F. ドラッカー)わかってますか?

家に帰って、TVを見る。
民放のCMも、ACが多いのは、CMの放送枠を買った企業が、自社のCMの代わりにACを流しているからだ。
企業名が表示されないから宣伝にはならないが、せめてもの企業の良心を示そうとしているのだ。

震災から4日目、被害の実態が明らかになるにつれ、やりきれない思いが募る。
(先が見えてきたとは言え)子育て中で、後期高齢者の親をもつ中年としては、現地のレポートを見るのがツライ。
辛いが、知らねばならない。
これが現実であり、「明日はわが身」なのだから。

わずかでも手助けになれば、と募金することにした。
@nifty Web募金「東北地方太平洋沖地震災害救援金

|

« 災害は忘れなくてもやってくる | トップページ | 3.11と3.10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電に振り回された……:

« 災害は忘れなくてもやってくる | トップページ | 3.11と3.10 »