« ネットカンニングと「教えてクン」 | トップページ | カラーユニバーサルデザイン »

2011/03/04

新しい入試

問題は、大学にそれだけの気力と体力があるか、というところだ。

何の話かと言うと、そろそろ入試というシステムを考え直したほうが良いのかなぁ……と思ったことから始まるのだが。

入試の解答を他人に丸投げしてしまうのは論外だが、かといって現在の、知識偏重の試験がベストとも思えない。
「知識が多い=頭が良い」でないことは、社会人なら誰にでもわかる。

いっそのこと、教室で Wi-Fi が使えるようにしておいて、スマートフォンもタブレットPCもノートPCも教科書も辞書も百科事典も解禁にして、何を使って調べても良い、なんていうふうにしてはどうだろう。

いやいや、すると要領の良い人間が得をしそうだから、いっそのこと「入学試験問題」をやめて、「入学論文」にしてはどうだろう。
大学は、研究し、論文を書ける学生を求めているはずだ。
社会は、自分のアタマで考え、理解可能な文章の書ける人間を求めているはずだ。

それなら、時間無制限(1年かけても3年かけても良い、ということ)の入学論文で学生を選ぶのは理に適っているのではないだろうか。
もちろん、ズルイ手を使うヤツは出てくるだろう。
自分で考えずに、親兄弟友人その他の誰かに論文を書かせるような輩だ。

そこで、入試論文に加えて、その論文に関する口頭試問を課すことになるだろう。

……ということで、問題は、大学にそれだけの気力と体力があるか、というところに至るのである。

|

« ネットカンニングと「教えてクン」 | トップページ | カラーユニバーサルデザイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい入試:

« ネットカンニングと「教えてクン」 | トップページ | カラーユニバーサルデザイン »