« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/26

ポメラのソフトウェアアップデートを行なった

昨日(2月25日)、キングジムからDM20の「ソフトウェアアップデートのご案内」が来た。
Ver.1.0.0 から Ver.1.0.1 にアップデートできる、ということだったので、アップデータをダウンロードして、アップデートした。

キーボード開閉時の電源オフのタイミングを修正した、とのことだが、閉じたときに電源オフになるのが多少早くなった気がする。

カレンダー表示内容を修正した、とのことだが、どこを修正したのだろう。
日付メモを開くとき、いちいち空き容量を確認するようになったのは、ちょっとうざったいかも。

その他軽微な修正をした、とのことだが、その「軽微な修正」には、例のテキストバグ「更新日期」も含まれていたようだ。
「更新日時」と表示されるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/24

禁グレープフルーツジュース

高脂血症、高コレステロールの治療のため、コレステロール値を下げる薬を飲んでいる。
これまで飲んでいたクレストールの効果で、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の値が正常値まで下がったのは良いのだが、肝臓の数値が悪くなった。
クレストールが効き過ぎたのかもしれない、ということで、もう少し作用の穏やかなリピトールに替わった。

薬局でもらったリピトールの説明書を読むと、「グレープフルーツジュースを飲むな」とある。

グレープフルーツジュースが何で危険なのか、調べてみた。
リピトール(一般名アトルバスタチンカルシウム)は、肝臓における HMG-CoA 還元酵素の作用を阻害することで、コレステロール合成を阻害する。すると、肝臓で必要なLDLコレステロールを血液中から回収することによって、血液中のコレステロールが少なくなる(コレステロール値が下がる)。

ちなみに、LDLコレステロールは「悪玉」扱いされているが、細胞膜や神経伝達物質、ホルモンの材料だから、けっして「不要物」ではないのである。なくては困るのだ。
必要なのだけど多いと困る、という点では、塩分や糖分、ビタミンなどと同様である。

さて、どうもグレープフルーツには、スタチン系高脂血症薬を分解する酵素の作用を阻害する成分が含まれているらしい。
薬が分解されないということは、いつまでも作用が続くということだから、危険なのである。
リピトール本来の作用であるコレステロール合成阻害が効き過ぎればコレステロール値が下がりすぎるし、副作用である肝臓機能障害や筋肉の分解(横紋筋融解症)が出てくる可能性が高くなる。
リピトールを飲んだ上に、グレープフルーツやザボンやブンタンやスイーティを食べたり、ジュースを飲んだら、えらいことになってしまうのだ。

こういうとき、人体とは、生化学的な機械であることを思い知らされるねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/20

採用面接の問題

新卒採用の二次面接の試験官をお願いするかも、という話が人事課からあった。採用面接なんて久しぶりだし、ムスメがシューカツを始めたところなので、ちょっと真面目に質問を考えた。
結局、(日程の都合か人柄か)試験官に選ばれなかったが、せっかく考えた質問がもったいないので、ここに載せておく。
就活中の学生諸君の参考になれば幸いである。

問:いま内定をもらったら、このあとの1年でやりたいことは何?

問:就活は4年の夏以降の半年に限る、という協定ができたとする。あと半年の間、何する?

問:会社から1億円渡されて、新規事業でもなんでも良いからやってみろ、直接に短期間で利益が出なくても、長期的に会社に利益をもたらせるなら良い、と言われたら何をする?

問:ワシは次に携帯電話を変えるときにはスマートフォンにしようと思っている。オススメのスマートフォンはどれ? その理由は?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/19

ピコアミノ酸と「女は馬鹿だ」仮説

「ナノより小さいピコアミノ酸配合」なんていう化粧品だか何だかのTVCMがあった。
検索すればどこのメーカーかわかるだろうが、面倒くさいので調べない。

しかしまぁ、よくもまぁこんな宣伝文句を思いつくものだ。

これで、
「まぁ、ナノよりも小さいなんて、きっとお肌に吸収されやすいんだわ」
なんて考えて、その化粧品を買いに走るような女性がいたとしたら「女は馬鹿だ」仮説を補強する材料となるのではないか。

もちろん、ワシは多少は「女は馬鹿だ」と思っている。
だが同時に「男はそれ以上に馬鹿かも知れない」とも思っているので、男尊女卑ではない。
そこんとこはご理解いただきたい。

さて、ここでいう「ナノ」はもちろん10億分の1、「ピコ」は1兆分の1という意味のはずだ。
そして多分、単位はメートルだろう。

人体はメートルサイズである。
手足や指はセンチメートル(cm:100分の1メートル)サイズである。虫なんかもこのサイズだ。
もうちょっと細かく、虫の手足や花の部品(おしべなど)になると、ミリメートル(mm:1000分の1メートル)サイズである。

細胞のレベルになると、ミリメートルの1000分の1、マイクロメートル(μm:100万分の1メートル)サイズである。ミクロンと言うこともある。
細胞を構成する膜とか分子とかいったレベルでマイクロメートルの1000分の1、ナノメートル(nm:10億分の1メートル)という単位を使う。
ちなみに、オングストローム(Å:100億分の1メートル=0.1nm)という単位を使うこともある。

さて、理科年表で調べると、原子の半径が1~2Åとある。
つまり、0.1nm~0.2nmということだ。

ナノメートルの1000分の1、ピコメートル(pm:1兆分の1メートル)で原子の直径を表すと、100pm~200pmとなる。

原子でこの大きさだよ?
もっとも小さいアミノ酸、グリシンでも水素原子5個、炭素原子2個、窒素原子1個、酸素原子2個からなる。
どうしたって、ナノメートルサイズが妥当だと思うのだが。
それを1000分の1のピコメートルサイズに分解したらアミノ酸ではなくなってしまうと思うのだが。

やっぱり、「ナノより小さいピコアミノ酸」は「方便」だよなぁ。
それにだまされるとしたら、馬鹿だよなぁ。

ちなみに、イオンの半径も1Å程度、つまり0.1nmのオーダーである。
「ピコなんとかイオン」というのも怪しいよねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/02/17

オウム死刑囚の孤独

昨日(16日)、オウム真理教によるテロに用いられたサリンを製造した土谷被告の死刑が確定したと報じた朝日新聞の記事に、「孤独」の文字があった。

元「直弟子」の深い孤独

社会に対する疎外感から宗教に走り、犯罪に手を染め(手を貸し)、あげくに教祖に裏切られる。
科学的知識を持ち、技術があっても、科学的思考ができていなかったことのツケだろうか。

幻覚を神秘体験と思い、自分の脳内の現象を実在する超常現象と思い込む。
修行といいながら山に登るでもなく滝に打たれるでもない。
霊峰富士と呼びながら、その麓で個室にこもる異常さ。

それをなぜ疑わなかったのか。
科学とは疑うことだと学ばなかったのか。
学んだことを疑ってみることもなかったのか。

疑うな、信じよ、という言葉に弱い人は、孤独を恐れているのだろうか。

人はみな、孤独なのに。
誰とも思考を分かち合うことはできないのに。

だからこそ、語り合い、助け合い、付き合いづらくても我慢しなくてはならない、ということに気付かなかったのか。

もちろん、疑うことなく語り合ったり、助け合って犯罪行為に走ったり、妙な教祖に我慢して付き合ったりしてはイケナイのだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/16

梅の花と暗黒物質

朝日が昇る前に散歩に出掛ける。
まだ薄暗い中、こんに引っ張られて畑の縁の道を走ると、ぼぉっとウメの花が白く浮かんでいる。

幹や枝ははっきりと見えず、花の集団だけが丸く浮かんでいるようだ。
個々の花を太陽に例えれば球状星団、個々の花を銀河に例えれば銀河団みたいだなぁ、と思って見ていて、ふと、暗黒物質のことを思い出した。

この宇宙には、光を出さないので目に見えず、光を遮ることもなく、電波でも見えない物質があるらしい。
光や電波で見ると「真っ暗」なので暗黒物質(ダークマター)と呼ぶ。

その正体は不明だが、確かに存在している。
ビッグバンの勢いで散らばってしまうはずの星や銀河がまとまっているのは、目に見えないけれど重さのある暗黒物質が通常物質を引き寄せているのだ。
暗黒物質が通常物質をまとめて支えている。

ちょうど、暗がりではよく見えない枝や幹がウメの花を支えているように。

そして、ウメの花びらよりも枝や幹全体の重さのほうがはるかに大きいのと同じように、暗黒物質全体の質量は通常物質全体の質量よりはるかに大きいのだそうだ。

見えない木々に満ちた森に咲く、わずかな白い花だけを見て、宇宙はこういうものなのだと思っていたのだね、われわれは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/12

AQUOS出張修理

7日午後、ムスメの受験でウチが(こんを残して)カラになるので、会社を休んで留守番。
ブルーレイレコーダー搭載のテレビ(LC-32DX3)でDVDを見ようとしたら、再生できない。

前日ブルーレイディスクは再生できたし、これまでDVDも再生できていたので変だなぁ、と、マニュアルで調べ、ディスクの汚れや傷を確認してみたが、異常はない。
AQUOSから強制排出されてしまうDVDビデオディスクも、PCや外付けのレコーダーでは再生できるし……。

おそらくブルーレイ用とDVD用に光学ピックアップが2個あり、DVD用のほうが汚れたのかも、クリーニングすれば直るかな、今度クリーニングディスクでも買って来ようか、と考えた。
スロットインタイプのブルーレイとDVD両用のクリーニングディスクがあるだろうか、とネットで検索していて、ふと思い出した。

今日は平日で、しかも時間が早い。
サポートに電話できるではないか。

……ということで、シャープのサポートに電話してみた。
サポートの電話はつながらないものだが、5分ほど待ったところで、担当が出た。

ドライブ(レコーダー)の不具合が考えられるが、いちおう問題の切り分けのため、電源ケーブルを抜いて初期化してほしいとのことだった。
電源ケーブルを抜いて1分待ち、再度接続して電源投入、DVDビデオディスクを挿入したが、状態は変わらず、読み込めませんという。

結局、出張修理が必要ということで、12日に訪問してもらうことにした。
購入したのが8月1日だったので、保証期間内なので無償修理である。
ちなみに、購入後半年程度なので、レンズが汚れることはあまりなく、クリーニングしても効果はないだろうとのことだった。

そこで今日、サービスマンが来てドライブを交換。
おそらくDVD用のピックアップレンズなどの光学系か駆動系が不調なのだろうということだったが、いちいち確認するより、対策としてはドライブごと交換したほうが簡便で確実なのだ。

……ということで、ドライブは復旧した模様。
ブルーレイを見てしまうと、DVDは画質が悪いなぁと思うが、テレビにビルトインされているドライブのほうが外付けのレコーダーで見るよりもマシだ。
これでまた、(家族が留守の時)古いSF映画を大画面で見られるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/03

降り積もるもの

このところ、宮崎県西諸県郡にしもろかたぐん高原町たかはるちょうの名前が報道されない日はない。
霧島山系新燃岳しんもえだけが噴火し、火山灰や空振による被害に見舞われているからだ。

高原町には知り合いがいるので、どう過ごしているのか気になる。
電話をしようかと思うのだが、昼間は忙しく、夜は疲れているだろうなぁと考え、迷惑かなと迷う。

まぁ、ワシのところにも毎日降り積もるものはあるしなぁ。

今週は、突如不調になったMacintoshに振り回された。
Illustratorが起動しなくなったので、削除して再インストールしようとしたら、削除できない。
Illustratorのプログラムが書き込まれているハードディスクの領域が破損しているらしい。
仕方がないので、ハードディスクを初期化して、MacOS Xの再インストールから実施することにした。
フォントのライセンスとかネットワークとか、いろいろ設定があるので半日仕事になった。

こうした、不調になった機械とか急に必要になったデータの作成とか、そういった予定外の仕事が降り積もる。
システム屋さんは「雪掻き」と呼ぶが、雪国ではない、南国の宮崎では「灰掻き」がたいへんなのだろうなぁ、などと考えながら「残り時間45分」などと表示されるプログレスバーを見ていた。

会社の窓の外には、愛鷹山の向こうに富士山。
どちらも現在は活動していないが、次に噴火するのが1万年後か、1ヶ月後か、それはわからない。
富士山が噴火すると、会社のあたりは溶岩流が到達するかも知れない。
愛鷹山が遮ってくれるのでウチのあたりは溶岩からは免れるか……。
いや、その愛鷹山が噴火したらアウトだな……。

日本列島は断層とプレートの隙間から出てきた溶岩でできているようなものだから、火山や地震の災害からは逃れようがない。
ワシらの払っている税金は、そうした自然災害への対策に、有効に使われている/使われるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »