« 降り積もるもの | トップページ | 梅の花と暗黒物質 »

2011/02/12

AQUOS出張修理

7日午後、ムスメの受験でウチが(こんを残して)カラになるので、会社を休んで留守番。
ブルーレイレコーダー搭載のテレビ(LC-32DX3)でDVDを見ようとしたら、再生できない。

前日ブルーレイディスクは再生できたし、これまでDVDも再生できていたので変だなぁ、と、マニュアルで調べ、ディスクの汚れや傷を確認してみたが、異常はない。
AQUOSから強制排出されてしまうDVDビデオディスクも、PCや外付けのレコーダーでは再生できるし……。

おそらくブルーレイ用とDVD用に光学ピックアップが2個あり、DVD用のほうが汚れたのかも、クリーニングすれば直るかな、今度クリーニングディスクでも買って来ようか、と考えた。
スロットインタイプのブルーレイとDVD両用のクリーニングディスクがあるだろうか、とネットで検索していて、ふと思い出した。

今日は平日で、しかも時間が早い。
サポートに電話できるではないか。

……ということで、シャープのサポートに電話してみた。
サポートの電話はつながらないものだが、5分ほど待ったところで、担当が出た。

ドライブ(レコーダー)の不具合が考えられるが、いちおう問題の切り分けのため、電源ケーブルを抜いて初期化してほしいとのことだった。
電源ケーブルを抜いて1分待ち、再度接続して電源投入、DVDビデオディスクを挿入したが、状態は変わらず、読み込めませんという。

結局、出張修理が必要ということで、12日に訪問してもらうことにした。
購入したのが8月1日だったので、保証期間内なので無償修理である。
ちなみに、購入後半年程度なので、レンズが汚れることはあまりなく、クリーニングしても効果はないだろうとのことだった。

そこで今日、サービスマンが来てドライブを交換。
おそらくDVD用のピックアップレンズなどの光学系か駆動系が不調なのだろうということだったが、いちいち確認するより、対策としてはドライブごと交換したほうが簡便で確実なのだ。

……ということで、ドライブは復旧した模様。
ブルーレイを見てしまうと、DVDは画質が悪いなぁと思うが、テレビにビルトインされているドライブのほうが外付けのレコーダーで見るよりもマシだ。
これでまた、(家族が留守の時)古いSF映画を大画面で見られるぞ!

|

« 降り積もるもの | トップページ | 梅の花と暗黒物質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AQUOS出張修理:

« 降り積もるもの | トップページ | 梅の花と暗黒物質 »