« あと5年しか生きられないとしたらどうするか | トップページ | 金星探査機『あかつき』を叩け »

2010/12/06

今年は有給休暇の消化率が高い

自治会の用事やら病院通いやらで、月曜や金曜に休まざるを得ない場合が多い。
そのため、有給休暇をたくさんとっている。
例年、年間20日の有給休暇を消化しきれず次年度に繰り越しているのだが、今年は繰り越し分が少ないかも……。

それはさておき、病院からの帰り道、空を見上げると何本もの飛行機雲が。
上空は風が強いのか、飛行機雲は横に薄く広がって行った。

P20101206s

夕焼け時の飛行機雲といえば、先月面白い状態の飛行機雲を見た。
2本の飛行機雲が直交していて、一方が交点で途切れているので、T字型になっていたのだ。

P20101107s

まぁ、飛行機雲っていうのはジェット機の排気のチリを核に氷粒や水滴ができたものだから、ぼーっと見上げてキレイだなぁ、なんて思っていて良いものかどうか疑問があったりするのだが。

|

« あと5年しか生きられないとしたらどうするか | トップページ | 金星探査機『あかつき』を叩け »

コメント

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものではないでしょうか。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

投稿: MR.T | 2010/12/07 01:21

コメントありがとうございます。
しかし、ケム・トレイルについての私の見解は、2009年4月6日の記事「大空にばら撒かれるもの」
http://m-shi.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-b616.html
に書いたとおりです。

これだけ気候変動について検討されている現在、人為的な操作が行われているとしたら、気象学者が言及しないわけはありません。
なんとなく、「UFOについて天文学者が言及しない理由」と似ているような気がします。
もちろん、空をくまなく見ている天文学者(アマチュア含む)がUFOに言及しないのは、少なくとも異星の宇宙船らしいものを見かけることがないためでしょう。
もっと面白い現象がたくさんありますからね。

そういえば、先月また火球を見たけど、記事を書き忘れたなぁ……。

投稿: M.SHI. | 2010/12/10 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は有給休暇の消化率が高い:

« あと5年しか生きられないとしたらどうするか | トップページ | 金星探査機『あかつき』を叩け »