« 古いFDのデータを救出した | トップページ | 元旦に月と金星を見た »

2010/12/29

西湖の水底から

富士五湖の一つ、西湖は近傍の、つまり日帰りできる湖の中では一番好きな湖である。
何といっても、原則としてエンジン付きのフネが禁止されていて、静かなのが良い。
隣の河口湖とはえらい違いである。

2004年9月21日のブログに、西湖の湖面に浮かべたカヌーで感じる風の話を書いた。
湖面に浮かべたカヌーのパドルを漕ぐ手を止めると、風の波の音だけが聞こえる。
車の音も遠く、釣り人のボートのモーター音も低い。
ウインドサーファーが帆をバタバタと鳴らして通り過ぎていくが、それも風の音なのだった。

西湖はまた、湖畔に大規模な施設もないことから、水が綺麗だ。
湖畔のキャンプ場は焚き火OKだったり犬もOKだったりして野放図(自由)なのだが、そもそも商業的観光施設の嫌いな人たちが来ているわけだから、汚れないのだろうか。

そんなキャンプ場に泊まったり、あるいはデイキャンプで焚き火をしに行ったりして、フネを出して遊ぶのが、子供が小さい頃の初秋の恒例行事だった。

2005年9月26日のブログに、セキショウモの花茎を見た話を書いている。
深い、見えない水底から、針金のようならせんがいくつも突っ立っていたのである。

その水底に、田沢湖から移植されたクニマスが潜んでいた。
タレントのさかなクンがクニマスであることに気付いてニュースになった。
岸辺で子供たちと捕まえようとした、小魚の中にもクニマスの幼魚が混ざっていたのかもしれない。

|

« 古いFDのデータを救出した | トップページ | 元旦に月と金星を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西湖の水底から:

« 古いFDのデータを救出した | トップページ | 元旦に月と金星を見た »