« 久々の……山歩きかな?? | トップページ | 今年は有給休暇の消化率が高い »

2010/11/22

あと5年しか生きられないとしたらどうするか

木曜日、先月末に受診した人間ドックの結果が来た。
【高脂血症】……食事や運動に気を付けても改善されないので、家族性(遺伝的)か。いよいよ投薬治療をかなぁ。
【萎縮性胃炎】……萎縮っていうのは、胃が縮むことではなく、胃壁が縮むこと、つまり炎症を起こしたりして薄くなり、穴が開いたりガンになったりしやすくなる、ということだ。
昨年に続き2年目。胃カメラで見ると、胃壁が白っぽくなっている。
ストレスを避けろというが、会社で主任、自治会で役員をやっているかぎり無理だ。
1年後の再検査でどうなっているやら。
【肺異常影】……ナニ?
「右中肺野の斑点状影」だと? 人間ドックの面談時には、胸部X線像を見せてもらっていないのでよくわからないが、調べてみると「斑点状影」というのは、肺の炎症や腫瘍の恐れがあるそうだ。
腫瘍……肺ガンか。
肺ガンについて調べると、5年生存率50%とか、そういう不気味な数字が出てくる。
あと5年しか生きられないとしたら、何を諦め、何をしておくべきか。
念のため呼吸器科でCT検査を受けろということなので、近所でCTのある病院を調べる。

金曜日、骨折した大腿骨の骨頭を金属に置き換える手術から2週間、義母がリハビリテーション病院に転院。
経過は順調で、自力でベッドから車椅子へ、車椅子から軽自動車への移動ができるくらいになった。

土曜日、翌日に予定されている市内一斉清掃の準備。
公園の植え込みのハチの巣を調べる。
清掃作業中に、ボランティアの市民がハチに刺されるとマズイからだ。
ワシも役員とはいえ、ボランティアだし、一度スズメバチに刺されているので、次に刺されたらアナフェラキシー・ショックで死ぬかも知れないが。
午後、来週に予定されている町内文化祭の準備の買出し。
本屋に行ったら、『鋼の錬金術師』の最終巻があったので、購入。

日曜日、市内一斉清掃。
午後、リハビリテーション病院で義母に面会。
万が一、ワシが肺ガンで5年しか生きられないとしたら、たぶん親よりも先に死ぬことになるので、親不孝者ということになるなぁ、などと考える。

月曜日、呼吸器内科を受診。
CT検査の結果、異常なし。
単純X線撮影だと、血管の重なりなどが影に見えることがあるそうだ。
高脂血症のほうが危険なので、コレステロール値を下げる薬(クレストール)を処方してもらう。

……ということで、「あと5年しか生きられないとしたら」などと深刻に思い悩む必要はなさそうだ。
だが、いつ死んでも良いように準備しておく必要はあるかな、と思った。

|

« 久々の……山歩きかな?? | トップページ | 今年は有給休暇の消化率が高い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あと5年しか生きられないとしたらどうするか:

« 久々の……山歩きかな?? | トップページ | 今年は有給休暇の消化率が高い »