« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/29

「ガラパゴス」と進化

シャープが12月発売開始予定の携帯読書端末および、その端末対応のサービスを発表した。
その名は「GALAPAGOS」。
若き日のダーウィンが調査のため赴き、後に進化論のヒントとなったガラパゴス諸島に由来する。

ガラパゴス諸島には、近隣の島とは形態の異なるガラパゴスゾウガメ、飛べないガラパゴスコバネウミウ、海藻を潜って食べるガラパゴスウミイグアナなど独自に進化した動物がいる。
とくに変化が著しいのはスズメに似たガラパゴスフィンチ(ダーウィンフィンチ)で、昆虫をつまむもの、穀類を食べるもの、木の実の種を割るものなど、様々な食性に応じたくちばしを持つ亜種に分かれている。
中には、大型動物(ウシなど)の血を吸うものすらいる。
その進化は、いまも続いている(ジョナサン・ワイナー著、樋口広芳・黒沢令子訳『フィンチの嘴(くちばし)ガラパゴスで起きている種の変貌』(ハヤカワ文庫)参照)。

ネットの業界で「ガラパゴス」というと、独自に進化して世界標準と離れてしまった日本のケータイ(携帯電話)を指すなど、ネガティブなイメージである。
これは、飛べないウミウや、絶滅しかけているゾウガメなど、独自に進化したことで新しい捕食者の登場や急激な環境の変化に対応できないことに由来するのだろう。

考えてみると、マスコミや広告業界では「進化」を常に「進歩」「発展」「成長」と混同して用いているから、「ガラパゴス」だけがネガティブなのは変なのだ。
もちろん、これは「進化」を「進歩」のように使うのが間違いなのである。

ガラパゴス諸島の動物たちは、海で隔離された島という環境では「最適」な状態に進化した。
ある環境に最適な状態に進化した生物は、その環境が変化したとき、新たな環境に対応できずに死滅するおそれがあるのだ。

例えば、ガラパゴスウミウやヤンバルクイナのような飛べない鳥は、捕食者のいない環境で進化してきた。
飛ぶための大きな翼や筋肉を必要としないので、その分、栄養分やエネルギーを節約したり、他の用途(卵とか脳とか)に転用したりできる。
つまり「飛べない」ことは、鳥たちにとって有益なことだったのだ。
イヌやマングースのような捕食者が現れるまでは。

生物学的な「進化」には、良いも悪いもない。
生物は世代を経るごとに変化し、環境により適したものが生き残る。
それだけだ。

さて、自ら世代交代して変化するわけではないが、道具も進化する
もちろん、生物の進化と同様、常に「発達」「進歩」するわけではない。
単純な構造でも環境に適していれば、変化せずに生き残る(金槌とかねじ回しとか……)。
一方、複雑な構造に進化しても、絶滅してしまう道具もある(ゲームウォッチとかワープロ専用機とか……)。
進化は複雑化する方向へ向かうだけではない。
ケータイは、カメラもインターネット接続もない「かんたん」なものへも進化している

さて、携帯読書端末はどのように進化していくのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/28

異常気象?

9月23日、激しい雷雨の通過ののち、気温が急激に下がった。
22日までの猛暑から一転、24日の朝は、散歩に出たとき半袖Tシャツだったことを後悔したくらい涼しくなった。

マスコミは異常気象だと騒ぎ立てるが、よくよく考えれば「暑さ寒さも彼岸まで」という俚諺どおりではないか。

たしかに、農産物被害など、「例年と異なる」気象による影響は大きい。
農業は個人ではどうにもならない大きなリスクを抱えて食料生産を行う産業なのだから、自然災害に対する補償は充分にあってしかるべきだと思う。

農業だけでなく、都市型水害など、気象災害に対する対策は、つねに必要である。
どこの国でも、軍事力増強なんてことをやっている余裕はないはずなのだが。

さて、自然は変動するものだから、今年の気象が「例年と異なる」のは当たり前である。

だいたい、「例年」とか「平年」とか言っても、たかだか百年かそこいらの統計を元にしているにすぎない。
数千年前の縄文時代には、地球は温暖で氷(氷河や氷山)が少なく、関東平野はすべて水没していて海面下だった。
数万年前、ユーラシア大陸とアメリカ大陸は海氷でつながっていたので、モンゴロイドはアリューシャン列島沿いに犬ぞりを使って渡ったのだろう。

6億年前には、深海以外の地球表面がすべて氷に覆われる「全球凍結」状態にあったらしい。
いわゆる「スノーボールアース」である。
これにより、凍結以前に繁栄していた生物が大量絶滅し、生き残った少数の生物が、その後繁栄するに至った。

ま、人類が地球に優しくしようがしまいが、地球の環境はこれくらい変化するもんなのである。

昨今の異常気象の原因が、人類の地球温暖化ガスの排出の結果なのかどうか、それはわからない。
だが、どうにかして生き残ろうとするのが、地球に生まれた生物の「義務」みたいなもんだろう。

せめて、凍結したり干上がったり蒸し焼きになったりしないよう、棲みやすい環境を維持したいものだ。

そのためには、ホント、「国」とか「民族」なんて小さい単位で戦争やったりその準備したりしている余裕はないはずだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/27

Webサイトの配色は難しい

ワシのメインのサイト「科学的逍遙」(2020年に閉鎖)の配色を変えようと思った。

庭のカツラの葉っぱからサンプリングした緑色をリンク文字列や見出しの背景などに使っていたのだが、ブラウザ標準とかけ離れているからだ。
ブラウザ標準にしておいたほうが、戸惑う人が少ない、つまりユーザに優しいサイトなのだ。

ブラウザ標準のリンク文字列は、おおむね、未訪問が青、訪問済みが赤紫、といった具合である。
これらの色にマッチする配色は、青系統かモノクローム(グレー系)だろうか。

というわけで、まずサイトのアイコン(80×80px)を作った。

Msw_wiki_old

元はこんなのだった。

Inkscape を使って、Macintosh の Aqua インターフェースのボタン風の青いアイコンを作ってみた。

これに合わせて、見出しの背景などを水色~空色っぽい色にしてみたのだが、どうもしっくりこない。
しっくりこない理由を考えてみると……。

  • RGB値をちょっといじると、緑色っぽくなったり紫っぽくなったり灰色がかったりして、クリアな淡い青色がうまく作れない。
  • 庭や風景、植物のクローズアップの写真が多かったりするので、緑色のほうがしっくりくる。
  • リンク色を標準にすると、リンク文字列が目立ちすぎる。
  • そもそも Wiki はリンク文字列がたくさんあるものだから、目立つ色だとウルサイ。

さんざん悩んだ挙句、緑色系から変更するのをやめて、青いアイコンの色を緑色にするだけにした。
アイコンの色の変更は、GIMP の色相変換で一発。

Msw_wiki_20210919153001

うーむ。
リンク文字列が適度に目立つようにするにはどうしたら良いか、まだまだ試行錯誤を続けなければならないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/22

「iPadの欠点」再考

前回「iPadの欠点」を書いたとき、「自分がiPadを欲しいかどうか」「iPadを買わないと結論したとすると、どこが気に入らないのか」という前提で、借りてきたiPadをいじってみた。

iPad を返却してから思い返すと、少々不当かもな、と思える点もあった。
例えば、借り物であるから電子メールは使わなかったし、App Store での買い物もしなかった。

また、どうしてもパーソナルコンピュータ(Windows PC だけでなく、Macintosh を含めてここでは PC と表記する)との比較になってしまう。
iPad は PC というより、カメラと電話のない大きな iPhone、カメラのない大きな iPod Touch なのだろう(ワシは iPhone ユーザーでも iPod ユーザーでもないので、外していたらゴメンナサイ)。

あるいは、大きめの PDA(パーソナル・デジタル・アシスタンツ)と言ったほうが、ワシの世代にはしっくり来るかも。

つまり、iPad 単体で PC と置き替わるものではない、ということだ。
前回書いたファイル管理も、iTunes アプリケーションを使って、PC と同期させて行う。
バックアップについても、PC に接続して PC 側で行うことが前提である(Apple のサイトの FAQ にそう書いてある)。

それなのに、「iPad を買えば PC は不要となるか」という視点で評価しては、不当なことになる。
かつて Palm Pad という PDA を使ったことがあるが、Palm Pad を買って不要になったのは手帳であり、PC ではなかった(現在、手帳の代わりになっているのは pomera と携帯電話である)。

もちろん、「何かと置き換える」という発想ではなく、「新しい価値を創造するモノ」「新しい楽しみをもたらすモノ」としての捉え方も重要である。
重要ではあるが、それは手にしてから、見いだすことのように思う。
道具とは、欲しいから、必要だから手に入れて、使っているうちに新しい使い道や楽しみを生み出すものだからだ。

さて、ではワシは iPad が欲しいか? と再度自分に問いかけてみる。
結果は、「いまはまだいいや」。

おもしろいオモチャではあるが、オモチャとしては高いし、持ち歩く道具としては重い。
ブックリーダーとしてみても、木陰での読書には向かない(重い、見づらい)。

もう少し小さくて、ハードウェアキーボードが付いたモノが欲しいなぁ、などと考えて、次の世代の iPad、あるいは他社の携帯情報端末の登場を待っても良いかな、という気分になってしまうのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/21

iPadの欠点

AppleのCMでは絶対に見られない、iPadの欠点について、気づいた点を列挙してみる。

重い。
片手で持って、もう一方の手で操作するのは辛い。

屋外では、画面が見づらい。
白地に黒い文字の電子書籍はまだマシだが、タッチパネル表面に反射する自分の影が気になる。

データの保存先がよくわからない。
MacintoshのファインダやWindowsエクスプローラのような、ファイル管理システムがないのは不安だ。

SDカードなどの外部記憶用のスロットも欲しいところだ。

いま、ココログの入力フォームから書き込んでいるのだが、テキストエリア内のスクロールができない。
テキストエリア内に指を置いてスクロールしようとしても、フォーム全体が動いてしまうのだ。

昨日書いたことと合わせて考えると、単にワシがCUIベースのインターフェースから脱却できていないだけかも知れないが。

もちろん、欠点を上回る利点もある。
とりあえずiPadだけあれば、インターネットに接続してWeb閲覧が容易にできるのは良い。
Wi-Fi接続していれば、だが。3Gだと遅くてストレスである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/19

iPadの日本語入力テスト

ソフトウェアキーボードは、やはり入力しづらい。
タッチした時の音だけでは、キーを押したという感触からは程遠い。
また、ふだん、ホームポジションのキーに軽く指を置いておく癖があるため、思わぬキーが押されて、「あscd」のような入力になってしまうこともある。
こうした入力ミスの修正などの際、カーソルキーが欲しくなる。
ふだんキーボード入力している時、[END]キーや[HOME]キー、[SHIFT]+[→]キーなどをよく使うので、こうしたキーがないと入力効率が落ちるのだ。

角度の問題もある。
キー入力のためには、iPadをテーブルの上などの水平面に置く必要がある。
iPadの背面は曲面なので安定が悪いのは我慢するとして、画面(テキストエリア)が視線と斜めになってしまうので見づらい。

ノートPCは、画面とキーボードの距離が固定されているので人間工学的に「良くない」という指摘がある。
iPadでは、さらに画面の角度が固定されているという問題点が加わるわけだ。

一方、変換効率は良い。
このことから考えて、やはりソフトウェアキーボードは急場をしのぐための入力手段で、長文入力にはハードウェアキーボードを使ったほうが良いだろう。

ちなみにこの文は、会社のiPadを使って、ソフトウェアキーボードだけを使って書いてみた。
前半をメモに書き、コピー&ペーストでココログのテキストエリアに持って来て、後半を追加した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/18

モズ初鳴

今朝、散歩から帰ってきたら、近所のアンテナの上でモズが鳴いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/17

炭は環境に優しくないのか?

深夜のテレビ番組「ぷっすま」で、「バーベキューの達人芸人」が、「バーベキューの後、残った炭を埋めてはいけない」と言っていた。
炭は分解されずに地中に残るので、環境に優しくないのだそうだ。

確かに、炭、要するに炭素の塊は有機物ではないので、微生物によって分解されない。
そのため、長期間にわたって存続する。

しかし、だからといって「環境に悪い」と言い切って良いものだろうか?

じつは、長期間、炭素の形で存在することが、大気中の二酸化炭素の削減に役立つ。
木炭は、過去数十年の間に樹木が吸収した二酸化炭素が原材料だ。
樹木を生育させ、木炭を作れば作るほど(そして使わずに置いておくほど)、大気中の二酸化炭素は減っていく。
それがどの程度、地球温暖化防止に役立つかどうかは不明だが……。

また、土に混ぜた炭は、表面に微細なデコボコがあることから、微生物のすみかとなる。
土に炭を混ぜることによって、微生物による有機物の分解が促進され、土が肥えるのだ。

表面がデコボコで内部がスカスカの多孔質であることから、炭は水質改善にも役立つ。
微生物による有機物の分解、つまり富栄養化対策になり、有害物質の吸着も期待できる。

それに、なかなか分解されないといっても、化学合成プラスチックと異なり、いずれは酸化される。

……という具合に考えてみると、炭は決して「環境に悪い」ものではない。

「環境に良いか悪いか」は、単純には決めつけることはできないのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/13

毒蛾に休日の楽しみを奪われた

土曜日の朝、町内会の役員が町内の小公園に集合した。
先週末の運動会で使用した養生シート(ブルーシート)の汚れを落として干すためだ。

干す場所は、ブランコと鉄棒のほかは、植木の上しかない。
そこで、養生シートの端を持って脚立に上り、ツバキやカイヅカイブキの上にかぶせていたところ、両腕の肘の内側にチクっと痛みがあった。

何か刺さったのかなぁと思っていたら、だんだん腫れてかゆくなってきた。
これは虫にやられたな、と気付いてよく見ると、ツバキにいっぱいチャドクガの幼虫がいた。
チャドクガの幼虫には毒のある毛が密生していて、触れると痛い上に、かぶれたようになってしまうのだ。

とりあえず、作業を終えてからウチに帰って患部を洗い、セロテープを何度も当ててははがした。
毛が刺さったままだとよろしくないからだ。
その後、キンカンを塗ったら痛みは収まった。
しかし、どうも腫れとかゆみは引かない。

本当は、午前中に買い出しに行って肉を仕入れてきて、午後に庭の手入れをしてから炭火を起こし、夕食は庭で焼き肉をしようと思っていたのだが、どうも出鼻をくじかれたようだ。

買い物に行ったら行ったで良い肉はないし、たぶんアレルギー反応のせいだと思うが、だるくて判断力はにぶるし……。
結局、焼き肉はあきらめた。

日曜日は、夜に町内会の役員定例会があるため、夕方から炭火を起こすというわけにいかず、土曜日が唯一のチャンスだったのだ。
それをチャドクガに妨害されるとは。
いや、そもそも養生シートを干す必要がなければ、チャドクガに刺されることもなかったので、養生シートを汚す原因となった運動会が悪い!

おのれ、終わってからもワシの健全な生活を妨害するか、運動会め! ……って、完全な八つ当たりですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/07

炎天下での運動で体調不良となってしまった

9月最初の日曜日。
酷暑の中、地域の運動会が行われた。
2年前に(運動会のときじゃないけど)熱中症で昏倒した経験から、水分を充分に取ることと、できるかぎり日陰にいるように心がけた。

とは言っても、役員をやらされていたのでしょっちゅうフィールドに出て順位を調べたり、競技にも出たので順番待ちをしたり、と、いやおうなく強烈な太陽光を浴びながら立ち歩いたり座っていたりした。

風もなく、汗は滝のように流れる。
めまいやふらつきはないが、口が渇き、心拍数が上がる。
こりゃあまずいな、と何度も町内会のテントへ行ってスポールドリンクや麦茶を飲んだ。

だがどうも、体調がおかしい。
尿意があるのに、少ししか出ない。

どうにか運動会が終わり、町内会の反省会(というかご苦労さん会)も終えて家に帰ったものの、やはり頻尿で尿は少ない。
こんと散歩に出たら、下腹部に痛みを伴うようになってきた。

夜間救急センターに行ったところ、膀胱炎の疑いあり、ということで殺菌剤をもらって、水分を補給して休むように、症状が改善しなかったら泌尿器科で受診すること、ということだった。

翌日、出張をキャンセルして会社も休み、1日スポーツドリンクを飲んでだらだら過ごしたら、だいぶ良くなった。
ちなみに、スポーツドリンクは飲み過ぎると糖分の過剰摂取になるし、体液よりも浸透圧が低いために水中毒になる可能性があるそうだ(低ナトリウム血症を引き起こして、悪くすると死に至る)。
スポーツドリンクを飲んでいれば大丈夫、などという過信は禁物である。

今回、運動会のような団体で行う運動は、つい無理をしてしまうのでカラダに大変悪いと思った。
個人が楽しみでやる運動(たとえば、散歩)なら、自分の都合でいくらでも休んだりズルをしたりできるが、ルールに則って点数を競うような運動(つまり競技)は、はなはだ健康によろしくない。

心身の健康のためには、団体で点数を競うのは良くないのではないか、などと考えてしまった。
体育の先生に怒られそうだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/06

ニホンザルがウチの庭を通ったようだ

日曜日、地域の運動会で一日炎天下で汗を流した。
といっても出場したのは1回、リレーで50m走っただけで、あとは運営の役員をやらされていたのだが。

終了後、テントなどを片付けて帰ってきたら、近所にまたサルが出たという。
前日に東から西へと通過し、噛まれた人も出ていたが、そのサルが今度は西から東へ移動したらしいのだ。

しかも、まさにウチのあたりを通ったらしく、カーポートの屋根でドンと音がしたと、ウチにいたムスメたちから報告があった。
姿は見ていないそうだが、こんがビビっていたという。
屋根の上を伝っていったのか、庭を抜けたのかはわからないが、ちょうど通り道になったのだろう。

まぁ、サルを見かけること自体は珍しいことではないのだが、被害が出たのは初めてなので、自治体はかなり警戒している。
昨日は沼津市役所の人たちが、大きな網を持ってサルを探し回っていた。

どうも複数頭いるらしいので、今後どこにどのように出没するかどうかはまったくわからないし、捕えることは難しいだろう。
住宅地を「人間が大騒ぎする楽しいところ」と思わせず、「恐いところだから早く山へ帰りたい」と思わせられれば良いのだが。
サルが出たという町内放送を聞いて住民が外のようすをうかがうのは良いのだが、犬を連れた散歩の人が急に増えたのには何となく笑ってしまった。
その犬も、チワワやトイプードルだったりするもんだから……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »