« ホメオパシーは宗教である | トップページ | 総合火力演習の効果 »

2010/08/28

洗濯機が壊れた!

朝、トイレにこもっていると、変な臭いがした。
下痢気味なので変な臭いなのかなぁ、炒った蕎麦とか玄米茶とか、そんな感じもするなぁ、と思いつつトイレから出たら、トイレの外のほうが臭い。

カミさんやムスメと、いったいどこが臭いの元だろうかと探したが、わからない。
家の外でもないし、排水口でもない。

そのうち、洗濯機がいつもの盛大な音を立てていないことに気付いた。
小さな音でウンウン言っているだけで、洗濯槽が回っていない。

これは、モーターが焼けて臭いのだな、と思い至って、電源を抜いた。
保証書を調べてみると、2002年に買ったものなので(「年末の法則」参照)、一般的な耐用年限である7年を過ぎている。
まぁ、壊れてしまっても仕方がない。
修理はもちろん有償となるし、部品があるかどうかもわからない。
修理に何日もかかると困るので、買い換えることにした。

カミさんとコジマに出かけて、温風乾燥機能のない全自動洗濯機を探した。
7kgの洗濯物を回すことができ、ウチの防水パンに収まるサイズで、風呂水が使えて、回っている洗濯物が見えるフタを備え、さらに残り時間が数字で表示されるもの……と絞っていって、最終的に日立か東芝か、ということになった。
結局東芝の洗濯機に決めたのだが、最後の決め手は「最少水量」だった。
東芝は12L(リットル)、日立は22Lなので、ほんのちょっとだけ汚れ物を洗うことがあるウチにとっては、少ない水で洗えることが重要なのだ。
ベランダの手すりを拭いた雑巾とか、田んぼにはまったこんの足を拭いたタオルとか、休日の夕方突然草刈りを始めて汗だくになったワシのTシャツとか、ちょっとだけ出てくる汚れ物、翌日まで置いておきたくない汚れ物がけっこうあるものなのだ。

というわけで日立さん、フィードバックしたことになるのかどうかわかりませんが、今後の参考にしてください(参考になるのかいな……)。
ついでに、通風乾燥の際、手でフタの一部を開けるというのも面倒くさいかも。
勝手に通風孔が開いてくれないと、「全自動」っぽくないからね。

|

« ホメオパシーは宗教である | トップページ | 総合火力演習の効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機が壊れた!:

« ホメオパシーは宗教である | トップページ | 総合火力演習の効果 »