« クマゼミ初見 | トップページ | 言魂からの解放 »

2010/07/09

デジタルパブリッシングフェアに行ってきた

久々に東京へ出張。
デジタルパブリッシングフェアと国際東京ブックフェア、IT教育ソリューションEXPOに行ってきた。
いちおう出版社の社員なので、印刷会社からVIP待遇の招待券をもらったのだ。

NHKまで「電子書籍元年」と大騒ぎするせいか、ものすごく混んだ。
平日なのに、例年以上に一般の人が多かったように思う。

それはさておき、電子書籍。
端末を見たり、出展社の話を聞いたりした。

その感想だが、「元年と言うにはまだ時期尚早では」というものだ。
もちろん、「日本では」という但し書き付きだが。

……というのは、縦組やルビなどの日本語特有の組版や、数式などを表現できる規格が定まっていないからだ。
いや、むしろ様々な規格が乱立しつつあって、どこへ向かうか判らないのだ。
印刷会社も制作会社も、どんな規格を使ったらよいのか、判断に困っているようだし。

出版社としては、コンテンツの提供くらいに留めておいて、焦ってコストを投下しないほうが良いのではないか、などと思った。

|

« クマゼミ初見 | トップページ | 言魂からの解放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルパブリッシングフェアに行ってきた:

« クマゼミ初見 | トップページ | 言魂からの解放 »