« 町内会の行事に苦労する科学的な理由 | トップページ | 地デジ対策! »

2010/07/30

こんとマーフィーの法則

7月24日土曜日。
町内会の夏祭りが終わって、役員一同会場を片付けて、解散。
すでに時刻は午後10時近かったが、それからこんの散歩である。

朝から会場設営、売店と忙しく、熱中症を避けるために水分を、とくに生ビールを何杯も飲んだこともあって、もうふらふら。
「早く帰ろうぜ」と声をかけても、こんは知らんぷりで元気に田んぼの縁の道を行く。
こんが何を考えているのかわからないが、ワシの頭にあるのは、早く帰ってシャワーを浴びて眠ることだけ。

途中、刈ったばかりの芝生畑を縦横に走り回り(ごめんなさい)、ようやく帰路についた。
車がすれ違えないくらいの細い道で、右は住宅地、左は1メートルほど下がって、水をたたえた田んぼ。

突然、こんが田んぼにダイブした。
止める間もあらばこそ。

ふだんの散歩では、滅多に田んぼにハマることなどないのに、なぜ今夜に限ってダイブしようと思ったのだろう。
田んぼの水面一面にウキクサが浮いていたため、芝生畑だとでも思ったのだろうか。

こんもビックリしたらしく、どろんこの前足を道路に掛けて上がろうとするが、後ろ足は田んぼの泥を掻くだけ。
仕方がないのでハーネスをつかんで引っ張り上げて、カミさんに電話した。
帰ったらすぐにシャワーできるように、である。

泥のように疲れたワシと、どろんこになったこんは、一緒にシャワーを浴びる羽目になったのである。

今回のマーフィーの法則:
「疲れているときには、さらに疲れるような事態が発生する」

|

« 町内会の行事に苦労する科学的な理由 | トップページ | 地デジ対策! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんとマーフィーの法則:

« 町内会の行事に苦労する科学的な理由 | トップページ | 地デジ対策! »