« 携帯電話で青空文庫 | トップページ | 路上での遭遇 »

2010/06/15

生命なきロボットへの感情移入

ダース・ベイダーが言う。
「阿部サダヲよ、なぜ私がお前のケータイなのだ。解せぬ!」

渡辺謙、木村カエラに続いて、『スター・ウォーズ』の「悪の権化」ダース・ベイダーがNTTドコモの携帯電話を演じている。
いや、演じているというのは変だけどね。

ドコモの意図としては、肌身はなさず持ち歩く携帯電話に愛着を持って欲しいというところだろうか。
しかし実際には、携帯電話は3年ほどで新しいものに買い換えることが多いのではないか。
買い換えの際、古い携帯電話は個人情報保護のために、販売店でパンチで穴をあけて廃棄される。
ダース・ベイダー携帯電話ならこんなふうに言うかもしれない(最期に良い人になるからね)。
「さらばだ。金やレアアース(貴土類金属)を有効活用してくれ」

まぁ、実際のところ、携帯電話に人格を求めることはできない。
人格が存在するためには「連続した記憶」が必要だが、携帯電話は自身の記憶を持つところまで進歩していない(記憶と人格については、いずれまた書く)。

さて、前世紀末、外惑星探査で華々しい成果を上げ、太陽系を後にしたボイジャー探査機はもちろん、2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」に搭載されたコンピュータの能力も、現在の携帯電話の能力に及ばないだろう。
にも関わらず、なぜ、携帯電話は単なる機械だと思うのに、探査機の旅や帰還には心打たれてしまうのだろう。

人類の先駆けとして、はるか彼方へと赴き、か細い電波のビームに乗せて、消息を知らせてくる健気さゆえだろうか。
ボイジャーからの電波はとうに途絶えた。
「はやぶさ」は7年間の旅の果て、小惑星の表面物質という手みやげを届けて、自身は大気圏で燃え尽きた。

生命なきロボットに感情移入しちゃうのは、健気に働き続けて
「ぼくはちゃんと仕事ができたでしょうか? 期待通りの成果を上げられたでしょうか?」
と問われているように思うからだろうか。

|

« 携帯電話で青空文庫 | トップページ | 路上での遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生命なきロボットへの感情移入:

« 携帯電話で青空文庫 | トップページ | 路上での遭遇 »